Web業界の職種と特徴を解説!そもそもITとWEBの違いって何?

需要が高まっている業界といえば、Web業界です。フリーランスや副業、または転職先としてWeb関連の仕事を考えている人も多いことでしょう。

そこで今回は、Web業界の職種を紹介します!Web業界に興味のある方は、ぜひ参考にしてくださいね。

そもそもITとWebの違いって?‍

IT業界とは、インターネットに関する事業を指します。IT業界は、通信や情報処理、ソフトウェア、ハードウェアなどの5つの業界に大きく分けられ、Web業界はそのなかの1つです。

Web業界には、ショッピングサイトやSNSといった個人に対するサービスを提供する会社と、Webサイトの構築やインターネット広告といった、企業に対するサービスを提供する会社が存在します。

Web業界の職種と特徴‍‍

Web業界にはどのような職種があるのでしょうか。ここでは、Web業界の職種と特徴をご紹介しますので、Web業界で働きたい!と思っている方は、ぜひ参考にしてみてください

Web制作を指揮する職種

Webディレクター

Webディレクターとは、Webサイト制作の管理責任者のこと。顧客からの要望を把握し、ライターやWebデザイナー、プログラマーといったスタッフを統括して、全体の指揮を取りながらプロジェクトを完成させていきます。Webディレクターの基本的な業務内容は以下のとおりです。WEBプロデューサーやプランナーの仕事を兼任する場合もあります。

  • 進捗管理
  • コンテンツの品質管理
  • スケジュールの設定
  • Webサイトの企画
  • クライアントとの打ち合わせ
  • スタッフの選定

WEBプロデューサー 

Webディレクターが、サイトを制作する際の実務を行う職務なのに対し、Webプロデューサーはサイトの計画を立てる仕事を行うのが一般的。サイトのコンセプトやターゲットなどを決めるほか、予算や納期の管理もプロデューサーが行います。

また、顧客と相談しながらプロジェクトを進めていくため、コミュニケーション力が必要です。その他、プレゼンテーションやマーケティング、マネジメントなどさまざまなスキルが求められる職種でもあります。

WEBプランナー 

Webサイトを制作する際、顧客と打ち合わせをしてサイトの企画書を作るのが、Webプランナーの役割です。そのため、企画提案力が必要な仕事です。

また、顧客と話し合う際、顧客の要望をしっかり把握し、ニーズに合ったサイトを制作しなければならないことから、Webプランナーもコミュニケーションスキルが求められる職種といえます。

Web制作の作業をすすめる職種

Webデザイナー

顧客の要望に合ったサイトのデザインを考え、PhotoshopやIllustratorなどを用いて、実際にデザインを作っていく仕事です。

HTMLやJavaScript、CSSなどを使ってコーディングをする作業はコーダーやフロントエンドエンジニアの仕事ですが、Webデザイナーの業務内容に含まれるケースも。そのため、Webデザイナーを目指す場合は、最低でもHTMLとCSSに関する知識を身につけておく必要があります。

Webライター&編集者

Webライターは、Webサイトで配信されている記事の文章を書く仕事です。金融、不動産、医療、美容、教育など、あらゆる分野のネット広告やコラムなどの文章を執筆します。文章力はもちろんですが、構成力やコミュニケーション能力が求められる仕事でもあります。

一方で、編集者の業務内容はコンテンツの企画を考えたり、Webサイトに掲載するまでの工程を管理したりすること。文章力や企画力などが必要となります。

Webエンジニア

Webの専門知識やスキルを活かし、Webサイトのシステムの設計や開発などを行う仕事です。システムの構築やWebサイトの制作のほか、サイトのメンテナンスやアプリの開発、SEO対策などを行うケースもあります。このように、Webエンジニアの仕事にはさまざまな業務が含まれることから、幅広い分野に精通している方が仕事を獲得しやすいでしょう。

Webの解析をする職種

Webマーケター

Webマーケターは、Webを活用してマーケティングを行います。例えば、ツイッターやインスタグラムといったSNSなどを用いて集客を図ったり、運営サイトのアクセス数を伸ばしたりすることが、Webマーケターの仕事です。

Webマーケターになるには、情報収集する能力や解析スキル、企画力、コミュニケーション能力などを身につける必要があります。さらに、Webサイトを構築するのに必要な、デザインやプログラム言語についての基礎知識もあると良いでしょう。

Webのスキルが学べる!おすすめオンラインセミナー‍ 

ここからは、Web業界で働くためのスキルを身につけることができる、おすすめのオンラインセミナーや講座をご紹介します。

SHE likes‍ 

幅広くつまみ食いをしたい方におすすめなのが、SHE likes。WEBデザイン、WEBマーケティング、ライティングなどを含む25種類の多様なコースが用意されています。オンラインで学べるので、時間や場所に縛られずに済むのが魅力♪

不明点がある際は、現場で活躍している講師に質問できます。また、コミュニティなので、自分と同じ夢に向かって学ぶ仲間に出会えます。就職サポートレッスンがあるのも、SHE likesのメリットです。

なお、SHE likesでは無料体験レッスンを実施しています。体験レッスンもオンラインで受講できますので、気になる方は体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

Progate‍

プログラミングの専門知識を身につけたい方は、プログラミングをゲーム感覚で学べるProgateを利用してみてはいかがでしょう。Progateは200万人以上の利用者を誇り、100か国以上に提供されているサービスです。イラストが中心となったスライド学習で、自分のペースで学べます。

初心者の方は、無料プランで基礎的な知識を身につけられます。プラスプランを受講すれば、月々たったの1,078円で応用と実践が学べますよ!身につけたいスキルに合わせた講座を選べるのも、Progateの魅力です。

自分にあった職種で楽しくキャリアを築こう‍

Web業界には、WebプランナーやWebデザイナー、ライターなどいろいろな職種があることが分かりました。ご自身に合った職種を見極めて必要な知識を身につけ、楽しみながらキャリアを築いてくださいね

この記事を書いたのは
BE-SQUARE編集部

美容・ファッション・ライフハック・ワークハックなど、働くオトナ女子が「明日が今日より楽しくなる」情報をお届けします♡