働く女性が等身大の情報をお届け!

Life

行きたくないその忘年会に…今すぐ使える飲み会の断り方6選!【メールで使える例文あり】

なにかと忙しくなる年の瀬が迫ってきました。年末年始のお休みを楽しみにしている社会人の方も多いのではないでしょうか。そしてこの季節になると増えてくるのが忘年会。友達とわいわいする飲み会は楽しいものですが、職場や取引先の方とする忘年会や飲み会は粗相をしてしまう心配や気を遣いそう…などの理由でできれば断りたいとお考えの方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は忘年会や飲み会に参加したくないときに使えるお断りの理由をご紹介します!相手に嫌な思いをさせないよう、またそのあとの付き合いも円滑にさせられるような上手い断り方を6選ご紹介するため、ぜひ参考にしてくださいね。

忘年会の時期 そもそもの目的

12月中旬から末にかけて開催される

忘年会は一般的に12月中旬から12月末にかけて行われます。具体的な日程は企業や属している団体によって異なるため、事前に確認しておきましょう。

また忘年会というと夜に飲み会としてのイメージが強いかもしれませんが、ランチタイムに忘年会を行う方もいます。年末の締めくくりとして親睦を深めることが目的のため、お酒の有無は関係ありません。

1年の労いと親睦を深めることが目的

忘年会の本来の目的は仲間との親睦を深めることです。また1年の区切りとしてお互いに感謝の気持ちや労いの意を伝え合うこともあるでしょう。

普段の業務ではなかなかコミュニケーションが取れない方とも、会談をしたりその年にあった出来事を報告しあう場としても利用できそうですね。

忘年会に行きたくないときの上手い断り方6選

悩んでいる女性

せっかく誘ってもらったのに、自分以外はみんな参加なのに…いろいろ考えてもそれでもどうしても行きたくない職場の忘年会もありますよね。断りの連絡をいれづらい気持ちはわかりますが、先延ばしにするとその間ずっともやもやすることに。また最悪の場合、不参加なのに会費を支払わなければならないこともあります。

ここからは行きたくない忘年会や飲み会の上手い断り方を、メールで使える例文と一緒にお伝えします。忘年会の幹事さんは場所決めや予約、人数調整などやることがたくさんあります。ご紹介した断り方は今すぐ伝えられるものばかりなので、幹事さんの手を煩わせないためにも断ることを決めたらなるべく早く一報を入れましょうね。

予定があるため参加が厳しい

一番オーソドックスな断り方は、事前の予定があるため忘年会には参加できないと伝えることです。ポイントはどうしても外せない予定があることを相手にわかってもらうことです。

例文
忘年会にお誘いいただきありがとうございます。残念ながらその日はどうしても外せない予定が事前に入っており、参加が厳しい状況です。次回開催があれば、ぜひ参加させていただきたいと思います。

健康上の理由で参加できない

健康状態や疲れ具合を理由にして忘年会に参加しない方法もあります。健康が理由ならば、参加しない理由をあれこれ詮索されることも少ないかもしれませんね。

例文
忘年会にお誘いいただきありがとうございます。参加したいのはやまやまなのですが、最近調子が悪い日々が続いております。そのため今回は無理せず欠席することにいたしました。体調が万全になったらまたお誘いいただきたいと思います。

プライベートでの予定が事前にある

家族や友人、他のコミュニティとの予定があることを伝えると無理して誘われることもなさそうです。また本当は参加したかったけれど、どうしても都合がつかないということで相手の気分を害することもなさそうです。

例文
忘年会にお誘いいただきありがとうございます。生憎ですがその日は家族とのイベントがあり、参加が難しいです。次の機会がありましたらぜひみなさんと参加できればと思います。

交通手段がないため参加が厳しい

交通手段がないことも忘年会に参加できない理由になります。参加したくても帰る手段がないことを伝えれば、そもそも参加すること自体が難しいという判断になるでしょう。

例文
忘年会にお誘いいただきありがとうございます。遠方に住んでいるため終電が早く、参加しても帰る手段がないため今回は残念ながら不参加とさせていただきます。また次回早い時間やランチに参加させていただければと思います。

コミュニケーションに自信がないため今回は見送る

人間関係の悩みが原因で忘年会へ参加したくない場合には、正直な気持ちを伝えてみるのもひとつの手です。また大人数が苦手な場合は、少人数での参加ならいとまないことも伝えておきましょう。

例文
忘年会にお誘いいただきありがとうございます。当方大人数でのコミュニケーションに自信がないため、今回は欠席させていただきたいと思います。次回少人数での開催がありましたら、ぜひ参加したいと思っております。

飲み会には参加しないキャラ作り

忘年会や飲み会には参加しないタイプ!と普段からキャラつけておくのもひとつの方法です!

最初の数回は誘われるかもしれませんが、一度飲み会には行かないキャラとして受け入れられれば、誘われることも少なくなるでしょう。その際は飲み会の場が苦手なだけで、相手が嫌なわけではないことも伝えておきましょう。大人数の場やお酒が苦手、また夜はゆっくりしたいタイプだということを伝えるのもよいでしょう。

断りのあとのフォローも忘れずに

拳を突き合わせている様子

忘年会の参加を断る際には、誘ってくれたことに対する感謝の言葉と、今回は無理だけれど別の機会に参加したいという気持ちも一緒に伝えましょう。また忘年会に限らず飲み会の場に参加したくない場合には、そういう場が苦手だということをやんわりと伝えてもよいかもしれませんね。職場の方とは忘年期、飲み会が過ぎても関係は続きます。荒波を立てないように断る方法として、ご紹介した方法を活用してくださいね。

今回は忘年会に行きたくないときに使える断り方6選をご紹介しました。職場の人とは円滑な関係を築きたいと思っていても、どうしても行きたくない飲み会はありますよね。そんなときの断り方としてぜひ活用してください。また忘年会に参加しない、飲み会に行かないと決めたあとのフォローも大切にしましょう。

【関連記事】
手帳で理想の自分に近づこう 書き方とメリット【12のポイント】
テレワークで部下や後輩が抱えやすい悩み3つ 上司ができる解決策
Webディレクター女子が選ぶ「お仕事効率化アプリ」オススメ8選

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

RELATED

PAGE TOP