ストレングスファインダー®で自分の強みを知ろう 診断方法と活かし方

30代になりもう新人ではなくなってきたビジネスパーソンのなかには、「自分の強みは何なのか?」「今後の方向性はどうすれば良いのだろうか?」と、悩み始める人もいるでしょう。

そのような方に向けて、自己分析をして今後の自分の在り方を見直せる、ストレングスファインダー®をご紹介します!

ストレングスファインダー®とは‍?

ストレングスファインダー®は、アメリカのギャラップ社が開発した有料のツールです。弱みより強みに焦点を当てることで自分の能力を最大限に引き出せる、といった考えから生み出されています。

どのように強みを見出すかというと、177個の質問にオンラインで回答するだけ。回答結果から、自分の素質や強みなどが分かります。そして、34ある資質のなかから、あなたの特徴を最も表す5つをピックアップしてくれるというもの。自分でも見えてない強みが見つかるかもしれません。

ストレングスファインダー®診断で分かる資質

ストレングスファインダー®で導き出される資質は、以下の4つに分類されます。

  • 影響力
    他者に対して影響を与えたいと考えている資質のこと。社交性、コミュニケーション、競争性のほか自我も影響力のグループに含まれます。
  • 実行力
    物事を実行して成し遂げたいと考えている資質のこと。達成欲、目標志向、責任感、慎重さなどが実行力のグループに入ります。
  • 戦略的思考力
    物事を考える資質のこと。分析志向、学習欲、戦略性などのほか、収集心や内省も戦略的思考力の資質に含まれます。
  • 人間関係構築力
    人との関係についての資質のこと。親密性、適応性、共感性のほか、ポジティブや成長促進もこのグループに含まれる資質です。

このように、ストレングスファインダーではビジネスパーソンにも欠かせない資質を自分が備えているか・強みになるのかが分かります。

診断方法は3つ!

ストレングスファインダー®の診断は有料です。書籍を購入してアクセスコードを入手する、公式サイトでアクセスコードを購入する、スマホアプリで課金するといった3つの方法で診断できます。

診断には、3つのコースがありますが、初めての時は、1か3を選ぶと良いでしょう。

  1. 新規に診断して上位5つのみの資質を知る(2,340円)
  2. 初回の診断で5位までを知っていて、追加で6~34の資質を知る(4,680円)
  3. 新規に診断して34の資質をすべて知る(5,850円)

※2021年8月現在の価格

書籍からアクセスコードを入手する場合は、「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングスファインダー2.0」や「ストレングス・リーダーシップ―さあ、リーダーの才能に目覚めよう」などの書籍を購入しましょう。アクセスコードは1度しか使えないため、古本ではなく新品の本を選んでくださいね。

診断する時の注意点‍

ストレングスファインダー®の診断では、177問もの質問に回答するので、30~40分ほどの時間がかかります。また、1問回答あたり20秒の制限時間も。そのため、時間に余裕があり集中できるタイミングで診断を受けるのがおすすめです!

活用法1. 期間を空けて再診断して変化を可視化‍

診断で分かるのは、今の自分の資質です。そのため、短期間でテストを受け直しても大きく結果が変わることはほとんどありません。自分が思っていたのと違うと、短期間で診断を繰り返すのはあまり意味がないと言えます。

もし、34ある資質のなかで上位5つの資質しか分からないコースで診断していてた場合は、短期間でも受け直してすべての結果が分かるようにすると、新たな発見があるかもしれません。

いちばんのおすすめは、3年から5年のスパンで受けること。診断を受けて考え方や行動が変化した結果、ストレングスファインダー®の結果にも変化が表れているはずです。資質が変化していれば、新しい才能が開花したということですし、同じであれば強みが深まっていると考えられます。自分の変化を目に見える形にできるツールとして活用してみてください。

活用法2. チーム編成に活用‍

自分一人だけで受けるのではなく、職場の仲間と一緒に受けてチーム編成に活用することも可能ですそれぞれが診断結果をシェアし、互いの資質を理解し合ってメンバーの強みを活かす働き方ができれば、チーム力や生産力の向上を目指せるでしょう。また、チームマネージャー向けの診断も用意されています。

診断して終わらせない!‍

ストレングスファインダー®の診断は、受けて終わりではありません。以下の言葉にもあるように、診断で知り得た自分の強みをどう活かすかを考えるのが重要です。

「ストレングスファインダー®は、自分の資質で何ができるのかを教えてくれるのではなく、何をやるにしても、どう自分の資質を活かせば、それがうまくやれるのかを教えてくれるのだ。」

たとえば、上位の資質にコミュニケーションがある人は、いつもより積極的に人と関わってみましょう。上位資質が学習欲の場合は、学び続けることを意識してみてください。強みをより強固にすることで、自分に自信が付き、明るい未来が拓けるはずです。

おまけ 無料で試したい人に「グッドポイント診断」‍

リクナビNEXT

ストレングスファインダー®に興味はあるけど、まず無料で試してみたい方はリクルートの「グッドポイント診断」がおすすめ。会員登録が必要ですが、無料でストレングスファインダー®と同等の診断ができると言われています。グッドポイント診断の質問数は全298問。所要時間は30分程度です。

自分の強みを活かしていこう‍

ストレングスファインダー®の診断を受けることで、自分の強みの元となる資質を把握できます。今後の方向性に悩んでいる方は、ぜひストレングスファインダー®の診断を受けてみてくださいね。強みを知ることで、自分をより一層深く理解でき、今後の方向性を決める際にも役立つでしょう♪

この記事を書いたのは
BE-SQUARE編集部

美容・ファッション・ライフハック・ワークハックなど、働くオトナ女子が「明日が今日より楽しくなる」情報をお届けします♡