いつもキレイでいるために 外気からお肌を守る予防と対策

エイジレスな美と健康維持のセルフエステ“ マル秘”テクニック

いよいよ春。春と言えば気候は過ごしやすい反面、外は紫外線や花粉などのアレルギー物質の宝庫へと変化してしまう季節。

アレルギー物質が肌に付着したり、粘膜内に侵入するとムズムズ、カユカユの直接的な原因になる他、肌の免疫機能の低下や肌バリアの崩壊に繋がります。春は決して油断が許されないシーズンなのです。

そんな時期でも調子のイイ肌であってほしいという思いを込めて、毎日のスキンケアで注意するポイントがあります。

それは、「洗顔の仕方」。

面倒だからと少ない泡での洗顔や、こすって汚れを落とそうとする行為、肌が冷たいから少し熱めのお湯ですすぐなど、春でなくてもあまりおすすめはできませんが、このような洗顔は絶対NG。むしろ、逆効果です。

汚れが落ちるどころかアミノ酸の崩壊で、肌は傷んで、どんなに良い洗顔料でも肌はしぼんでしまい、くすみや赤み、シワの原因を作ってしまう事にも。

そして、活性力を失った肌は、外的物質を直接肌に取り込んでしまい、肌トラブルやアレルギーが出やすい肌質になってしまうのです。

正しい「洗顔の仕方」は、泡立てネットや泡立て器を使って、モフモフのボリュームのある泡を作って洗顔をすること。泡にボリュームがあるとクッションになり、摩擦を軽減できるだけではなく、汚れの吸着も泡のなかに包み込むので、力を入れてこすらなくても汚れはしっかりと落とせるのです。

そして、直シャワーや熱すぎるお湯ではなく、手に取った人肌ほどのお湯で優しくすすぎ落とすこと。このたった2つのことで、正しい洗顔ができるのです。

そして、正しい洗顔が出来ると、肌は次の準備を始めます。

ふっくら整った肌は、化粧水や美容液を抱え込み蓄えておけるだけでなく、角層にも厚みができバリア機能が復活、毛穴の目立たない柔らかくなったお肌は紫外線も跳ね返す特別な力を発揮し始めます。まずは基本的な「洗顔」から見直して、毎日続けてみてくださいね。

 

Let’s Try! 「洗顔」

1.ボリュームのある泡を作って洗顔をすること。

 

2.人肌ほどのお湯で優しくすすぎ落とすこと。

洗顔の後は、たっぷりの化粧水をコットンで優しく入れ込んで、同量の乳液とクリームまでをしっかり行うこと。

これは、夏でも蒸発を防ぎ良い肌の状態を作る大事なケア。量を変えながら、どのシーズンでも必要な、とっても大事なデイリーケアです。免疫の上がった肌は日焼け止めも効果的に使うことができます。

 

※洗浄力の強すぎる洗顔は、皮膚を薄くしてしまう原因にも。肌に優しい弱酸性や無添加系、オーガニックコスメなど、自分の肌に合うコスメを使うことも大事なポイントです。

PROFILE Yuki Kato –Self Care Therapist  

アレルギーなどによる辛い経験を持ち、「お肌の悩みを持つ全ての人を美しく元気にしたい」という思いから、美容家の道へ。

現在は、プロのエステティシャンたちがスキルアップのために通うワークショップの特別講師として活躍中。「カラダにいいものは、肌にもいい!」をモットーにアロマなどのプロデュースも手がける。

SNSで詳しく解説中

加藤ゆきオフィシャルブログ「Beauty chame」で「セルフエステ」を詳しく解説しています。 要チェックですよ♪

 

この記事を書いたのは
Poco'ce

毎月25日発行。ちょっと幸せをテーマに、グルメ・美容・健康・カルチャーなど、女性にうれしい情報満載の無料情報誌。TOKYO LIFE STYLE Free Magazine Poco'ce(ポコチェ)

http://www.pococe.com/