紫外線に乾燥に花粉…スキンケアは5月を制して夏を制す

春から初夏を制す。美容のプロフェッショナルへ

爽やかな初夏の風吹く5月。一年の中では過ごしやすい季節だけど、お肌にとっては決して快適な季節とは言えなさそう。

なぜなら、紫外線は真夏並みに強烈だし、花粉もまだ飛んでいるし、乾燥だってまだまだ気になる…。実は、外気からのダメージが意外にも多いのがこの季節なんです。

そんな5月を制してこそ、美容のプロフェッショナル。日々進化する様々なケアアイテムを駆使して、今こそ真の「美容のプロ」を目指しましょう!

高機能スキンケアや新鋭のアイテムで5月の美容を制す

真夏のような紫外線量と乾燥した空気の中、何かと肌トラブルを起こしやすい5月。春から夏への季節の変わり目ということもあって、この時期になるとホルモンバランスや自律神経まで乱れる… という人も多いのではないでしょうか。逆に、この時期に肌や身体がベストな状態だとメンタル的にも良く、五月病になりにくいのかもしれません。

ダメージは確実!5月の紫外線

何としてでも制したい5月の美容ですが、最大の敵はやはり紫外線。

紫外線には、肌の奥の真皮にまで届いて肌老化を促進させるA波と、ヒリヒリしたり赤みの出る日焼けの原因になるB波に分けられ、地上に降り注ぐほとんどの紫外線がA波。夏の間に猛威を振るうB波に比べ、A波の紫外線量は5月から急激に増え、まさに真夏並みです! 普段の生活においても“うっかり日焼け”をしてしまうと、ダメージは確実に蓄積され、シミはもちろん、シワやたるみを引き起こすので念入りなケアを。日焼け止めは、B波を防ぐSPFの指数も大事ですが、A波のガード力を表すPA(4段階の+マークでの表示)にも着目して選ぶことが大事。

5月は乾燥にも注意!

また、カラッとした風が気持ちの良い5月ですが、この乾いた風が肌にとっては大敵。肌表面の水分を奪い、代わりに空気中の汚れを運んできてしまいます。

そして、肌寒い日と暑い日の気温差や、昼と夜の気温差も大きいため、肌の水分と皮脂のバランスも乱れがちに。特に、乾燥するのにべたつきもある混合肌(オイリードライ肌) の人は、状態を悪化させやすいので要注意です。どの肌タイプの人も、十分な潤いを保つと余計な皮脂が出にくくなり、あらゆる肌悩みの対策にもなるので、肌ケアの基本である保湿はしっかりと。

保湿ケアで花粉からも肌を守る

さらに保湿ケアは、この時期まだまだ飛んでいる花粉による皮膚炎の予防にも有効です。花粉対策は、皮膚に付いたり吸い込まないようにガードするのが一番ですが、花粉症皮膚炎の対策としても肌を整えておきたいところ。特に、GW にアウトドアでのレジャーを企画している人は「紫外線・乾燥・花粉」の3大対策を念入りに!

5月の美容を制するお勧めアイテムは、まずは高保湿のサンガードと美白系スキンケア。美白系アイテムは、シミやくすみを一掃してくれる化粧水や美容液と、ピンポイントのシミを狙い撃ちするスポットケアを併用して。また、最近主流となっている“美白と引き締め”“ファンデーションで美白と保湿”など、1つで何役も兼ねる高機能化粧水やコスメもお勧め。

さらに、外側からのケアだけでなく、腸内環境や美肌をサポートしてくれるサプリやドリンクなど、インナーケアも忘れずに。様々な美容アイテムを駆使して、5月の外気ダメージに負けない健やかな肌と体を目指しましょう!

この記事を書いたのは
Poco'ce

毎月25日発行。ちょっと幸せをテーマに、グルメ・美容・健康・カルチャーなど、女性にうれしい情報満載の無料情報誌。TOKYO LIFE STYLE Free Magazine Poco'ce(ポコチェ)

http://www.pococe.com/