洗いすぎは肌荒れのもと 優しく素肌を守ってメイクを落とす“冷凍バーム”

毎日しっかりメイクオフしているのに肌が荒れたりくすんだり。その肌トラブル、原因は「洗いすぎ」かもしれません。

洗浄力の強いものは肌への負担が大きく、肌を清潔に保とうとするあまり、ゴシゴシ洗うなんて絶対にNG。汚れと一緒に潤いの元である油分や美肌菌も洗い流してしまい、肌はカサカサの荒れた状態になってしまうのです。

ではクレンジングに一番大切なことは何か?
それは肌に必要な水分や皮脂はキープしながら、“メイク汚れだけを手早く落とす” こと。

そこで誕生したのが、「コンジュレボーテ」の「冷凍バームクリーム」。

これまでのクレンジングには防腐剤や酸化防止剤が必要不可欠でしたが、特殊な冷凍技術により、天然成分の組織を変化させないまま冷凍保存を可能にした、化学合成物質を一切使っていないクレンジングバームです。

原材料は、13種類の天然オイルと天然ローズの香り、肌を柔らかく潤いを閉じ込める天然ミツロウのみで、弱ったバリア層をサポートしながらメイクを浮かせてオフするので肌に負担をかけません。

濡れたコットンで拭き取るだけで、肌に必要な美容成分を残しているので、そのまま就寝しても大丈夫♪
疲れきって帰宅した時でも簡単にメイクオフできます。

拭き取りだけでは心配という方には「薔薇はちみつ石鹸」を併せて使うのもオススメ。はちみつやホワイトセサミオイル、甘麹など、美肌をサポートする天然成分のみを、一つひとつ職人の手で丁寧に作られた贅沢な一品。正しい洗顔で肌本来の働きを取り戻し、美肌を保つ弱酸性の素肌美人を目指しましょう。

「冷凍バームクリーム」の正しいクレンジング

使う分だけ解凍

使う分(1回1包)だけを冷凍庫から取り出し、手で包み込んで自然解凍させます。

乾いた手でバームクリームをのばし、やさしくメイクとなじませるだけで、すっきりとメイクオフ。刺激をやわらげるクッションになるので、1包4gをたっぷりすべて使いきるのがポイント。

残った場合は、栄養クリームやリップクリーム、ハンドクリームとしても使えます。

濡れコットンで、やさしくふき取ります。

コットン10枚程度を水道水で濡らして軽く絞り、1枚ずつはがして使用。水分が摩擦を軽減してくれるので、必ず水道水で濡らし、やわらかいコットンを使うこと。

天然コットンなら、100円ショップのものでも充分。繊維の粗いものはNGです!

拭き取りのコツ

アイメイクは上から下へ、リップは内側から外側へ、桃の表面を撫でるようにやさしくふき取ります。

しっかりメイクの方は濡れコットンを増やして、あくまでもやさしく拭き取るのがコツ。

お化粧のノリが全然違う!

1回ずつ使い切りなので、いつでも新鮮な状態で使えるのがうれしい。

メイク落ちもよく、拭き取った後も潤いが残っている感覚を実感できます。肌がモチモチして、今までと化粧のノリが違ってびっくり! ローズの香りもお気に入りです♪

麗凍化粧品 コンジュレボーテ・バームクリーム(冷凍バームクリーム)4g×31包入 4,097円
薔薇はちみつ石鹸 80g 3,080円
アクア・トゥルース(株)
TEL:0120-500-224 https://www.reitoucosme.jp
【500円トライアル】 https://lp.reitoucosme.com/d/balmcream

この記事を書いたのは
Poco'ce

毎月25日発行。ちょっと幸せをテーマに、グルメ・美容・健康・カルチャーなど、女性にうれしい情報満載の無料情報誌。TOKYO LIFE STYLE Free Magazine Poco'ce(ポコチェ)

http://www.pococe.com/