スマホの使いすぎで肌が衰える!ブルーライトカット下地で美しい肌を保とう

今や生活に欠かせないアイテムとなっているパソコンやスマホ。

長時間使う人も多いと思いますが、機器からは肌の大敵「ブルーライト」が出ているのをご存知ですか?

大量にブルーライトを浴びてしまうと、シミ、くすみなどの原因にも…

ブルーライトの対策方法をしっかり学んで、いつまでも美しい肌を保ちましょう!

おさらい「ブルーライト」とは?

ブルーライトとは、スマートフォンやPC、テレビやゲーム機器などから発せられる青色の光のこと。LEDを使用している機器から発せられます。

波長は380ナノメートルから500ナノメートル。紫外線の次に波長が短い光とされており、紫外線の中でもUVAに近い性質をもっているのが特徴です。

無害じゃない!ブルーライトが与える身体ダメージ

ブルーライトは角膜や水晶体で吸収されることなく網膜まで届き、網膜もしくは網膜の黄斑部に直接吸収されます。そこで活性酸素を発生させ、瞳にダメージを与えるのです。

また、ブルーライトは睡眠にも影響を及ぼします。ブルーライトの刺激が体内時計を狂わせてしまうほか、睡眠を促すメラトニンの分泌が抑制されてしまうためです。睡眠障害は、肌のくすみ、目の下のくまなどもつながります。

ブルーライトが与える肌への影響

ブルーライトは紫外線によく似た性質をもつ光です。真皮層まで届いてコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を作る線維芽細胞にダメージを与えます。さらに、メラニン色素を発生させて色素沈着を引き起こす美肌の大敵です。

たるみ・しわ

ブルーライトは紫外線と同じく、活性酸素を発生させる要因です。ブルーライトをたくさん浴び、活性酸素が過剰に増えると、正常な肌細胞が攻撃されてコラーゲンを作る働きが弱まります。

その結果、肌のハリがなくなり、たるみやしわなど、いわゆる「肌の衰え」が表れるのです。

日焼けによるシミ・色素沈着・炎症

外に出る機会が少ないのに、日焼けによるシミや色素沈着が見られる場合はブルーライトが原因かもしれません。ブルーライトによって発生する活性酸素は、メラノサイトを攻撃して「メラニン」を増やし、シミやくすみ、色素沈着などの肌トラブルを引き起こします。

コスメでブルーライト対策ができる!

在宅ワークの増加で、ブルーライトを浴びる機会が増えた方は多いでしょう。

最近では、ブルーライトをカットできるコスメ(日焼け止め、下地、ファンデーションなど)がたくさん登場しています。

中でも化粧下地は今使用しているコスメと合わせて使いやすいので、是非試してみてください♪

おすすめのブルーライトカット下地を紹介

おすすすめのブルーライト下地をいくつかご紹介しています。自分の肌との相性を考えて試してみてください!

ヴァントルテ SPF50+ PA++++ UV ミネラルクリーム

出典:VINTORTE(ヴァントルテ)《公式》

ミネラルたっぷりの日焼け止めクリーム。化粧下地としても使用可能です。紫外線はもちろん、ブルーライトも93.8%カットしてくれます。石油系界面活性剤や紫外線吸収剤、シリコンを使用していない自然派で体に優しいアイテム。しっとり滑らかなテクスチャーで、白浮きすることなく肌に馴染みます。

アムリターラ オールライトサンスクリーンクリーム SPF18 PA+

出典:国産オーガニック化粧品のアムリターラ

顔だけではなく全身に使用できる日焼け止め。メイク下地としても使える便利なアイテムです。ブルーライトカット率は94.2%となっています。

アムリターラ オールライトサンスクリーンパウダー SPF38 PA+++

出典:国産オーガニック化粧品のアムリターラ

下地としても使える日焼け止め。石油系界面活性剤や紫外線吸収剤、シリコン不使用の自然派コスメです。ブルーライトを94.2%カットしてくれるのがうれしいポイント。みずみずしいテクスチャーで、軽やかな着け心地です。

ナチュラグラッセ メイクアップクリームトライアルセット

出典:楽天市場

ブルーライトカット率99.2%の化粧下地。SPF44・PA+++なので、紫外線対策もばっちりです。紫外線吸収剤は不使用。その他、石油系界面活性剤や鉱物油、タール形式素や合成香料なども使用していません。

レブロン フォトレディ キャンディッド ファンデーション

出典:レブロン

素肌感あふれる美肌を演出してくれるファンデーション。鉱物油やパラベン、合成色素フリーです。ブルーライトをカットする独自のBLシールド処方とのことですが、残念ながらブルーライトカット率の記載はありませんでした。

フェース インシストラメラ U.B.P. メイクベース

出典:フェース

外部刺激から肌を守ってくれる環境適応型化粧下地です。SPF20 PA+++で紫外線から肌を守ってくれるほか、ブルーライトやPM2.5からも肌を守ってくれます。

ナチュラグラッセ ナチュラグラッセ メイクアップ クリームN

出典:Amazon

ブルーライト99.2%カットを実現したメイクアップクリーム。化粧下地としても使えます。石油系の原料は使用していません。肌に塗ったクリームは石鹸で簡単にオフできるため、メイク落とし(クレンジング)による肌の摩擦を避けたい方にもおすすめです。

ランコム UVエクスペール XL CCC

出典:Amazon

日焼け・UV対策も可能な日やけ止め用乳液。ブルーライトカット機能もあります。均一な仕上がりになるのが持ち味で、くすみや毛穴もムラをなくカバーしてナチュラルに仕上げられます。

下地以外にもブルーライト対策はある?

今日からブルーライト対策を始めたい方のために、コスメ以外の対策もご紹介しています。ブルーライトカット下地と併せて、意識してみてください。

PC・スマホの画面の明るさ調整

PCやスマートフォンの画面の明るさとブルーライトの量は比例しています。明るくすればするほどブルーライトの照射量が増えるため、気になる方はモニターを少し暗くしてみると良いでしょう。

ブルーライトカット効果のある眼鏡を使用する

ブルーライトカットレンズの入った眼鏡をかけることで、瞳へのダメージを抑えられます。仕事柄、どうしても長時間液晶画面を見なければならない方は、ブルーライトカット眼鏡の購入を検討してみてはいかがでしょうか。

ブルーライト対策で美しい肌を保とう

在宅ワークが増えるとパソコンやスマートフォンを見つめる時間が長くなり、身体の中に入るブルーライトの量も必然的に増えます。

目や肌、睡眠などに悪影響を及ぼすので、ブルーライトカット下地やブルーライトカット眼鏡などを活用して、健康への悪影響や肌トラブルを防ぎましょう。

この記事を書いたのは
BE-SQUARE編集部

美容・ファッション・ライフハック・ワークハックなど、働くオトナ女子が「明日が今日より楽しくなる」情報をお届けします♡