コントロールカラーの選び方はパーソナルカラーではなく【肌悩み別】で!

赤ら顔やニキビ肌などの肌悩みは、ファンデやコンシーラーでカバーすると厚化粧の原因に。

ナチュラルに肌トラブルをカバーしたいなら、コントロールカラーがおすすめ。効果的な使い方やおすすめブランドをご紹介します。

コントロールカラー ってなに? 

コントロールカラーとは、肌の赤みやクマ、黄くすみなど肌の色味を調整する下地用化粧品です。

ファンデーションやコンシーラーはベージュ系のカラーですが、コントロールカラーはピンクやグリーンなどしっかりと色味がついているところが特徴。

下地にコントロールカラーを使うことで肌の色味が均一になり、ファンデーションやコンシーラーでカバーするよりも厚塗り感がなくなります。

また、肌の色味に合わせてピンポイントで使い分けができるので、肌悩みがある部分によって違うカラーを乗せる、という使い方も可能です。

コントロールカラーの使い方ご紹介! 

コントロールカラーは、色別に効果的な使い方が異なります。それぞれのカラーの役割をチェックして、自分の肌悩みに役立てましょう。

ピンク

トーンアップと血色感をプラスするピンクのコントロールカラー。化粧下地にも、ピンクトーンのものが多いのが特徴です。肌のくすみを明るくしたい人や、顔色が青くなりがちなブルーベースの人におすすめ。

イエロー

お肌の色ムラやくすみが気になる場合は、イエローのコントロールカラーを仕込んでベースメイクを作るのがおすすめです。アジア人の肌色となじみがよく、ナチュラルで健康的なトーンの肌にしてくれます。

オレンジ

オレンジは、クマ消しや眉の青いシェービング跡などのカバーに効果的です。コンシーラーのベージュではカバーしきれないクマがある場合は特におすすめ。単色使いだと濃くなってしまうときは、イエローと重ね塗りしてみましょう。

パープル

ピンクのコントロールカラーでは血色が出すぎてしまう人、肌のくすみカバーや透明感をプラスしたい人には、パープルがおすすめです。肌の色ムラをなくし、トーンアップや黄ぐすみのカバー効果があります。

ブルー

肌を白く見せたい、透明感を高めて黄ぐすみをカバーしたい人は、ブルーのコントロールカラーがおすすめです。パープルと比べると少し白っぽくなりがちなので、全体のトーンをチェックしながら伸ばすように使いましょう。

グリーン

肌の赤みをカバーしてくれるグリーンのコントロールカラー。赤ら顔やニキビ肌の人におすすめのカラーです。全体に塗ってトーンアップしてもいいですし、気になる部分にポイント使いしても◎。

ホワイト

ホワイトのコントロールカラーは、トーンアップと白肌に見せたいときに使います。赤みやくすみへのカバー力は低いので、肌トラブルが少なめでトーンアップさせたい人におすすめです。色白肌に見せたいときのベースメイクに仕込みましょう。

コントロールカラーのオススメブランドを紹介

RMK ベーシック コントロールカラー N

画像引用元:RMK

3,850円

お肌の色味をきれいに整えながら、透明感を引き出してくれるコントロールカラー。カラバリは、シルバー、パープル、グリーン、コーラルの4色です。テクスチャーは半透明のジェル状で、肌にとろけるように密着します。

ナチュラグラッセ カラーコントロール ベース

画像引用元:ナチュラグラッセ

3,520円

バイオレット、ピンク、イエローの3色から選べるコントロールカラー。大豆、アルペンローゼを配合しています。石鹸でオフできて、SPF32 PA++のUVカット付き。普段使いしやすいのがうれしいポイントですね。

WHOMEE コントロールカラーベース

画像引用元:イガリシノブプロデュースブランドOnline Shop

1,980円

人気メイクアップアーティスト、イガリシノブさんプロデュースのコントロールカラーです。ピンク、ブルー、イエローグロウ、パープルの4色を用意。それぞれのカラー補正で、トレンド肌がかないます。

KISS コントロールカラーベース

画像引用元:kiss 

880円

お肌の気になる部分にピンポイントで使える、便利なチップタイプのコントロールカラーです。コラーゲン・スーパーヒアルロン酸の美容液成分を配合。肌悩みごとに使い分けられる、ピンク、オレンジ、パープル、グリーンの4色展開です。

ジルスチュアート ラスティングトーンアップベース

画像引用元:ジルスチュアート

3,300円

肌なじみがよく、軽い塗り心地でぴったりフィットして毛穴もふんわりとカバー。仕込むだけで凹凸レスな肌になるだけでなく、ファンデのキープ力もアップしてくれます。ピンク系、パープル系、グリーン系の3色展開です。

エレガンス モデリング カラーアップ ベース

画像引用元:LIPS

4,950円

肌の色そのものが変わるような、抜群のフィット感があるコントロールカラー。ファンデの仕上がりをキープさせて、肌のキメや毛穴補正効果も。ピンク、オレンジ、ラベンダー、グリーン、ベージュの5色です。

VDL   COLOR CORRECTING PRIMER

 

画像引用元:VDL

2,550円

韓国の人気コスメブランドVDLのコントロールカラー。肌の色味補正と凹凸補正をしながら、しっとり感のあるツヤ肌をキープしてくれます。ミント、ローズクオーツ、セレニティの3色展開です。

※価格は楽天の金額を記載しています。

 the SAEM セムムル フェイスライトナー

画像引用元:楽天

962円

しっとりとしていてべたつき感のない、使い心地のいいコントロールカラー。配合されたパウダーが光を散乱させて、ナチュラルにトーンアップしてくれます。グリーン、ピンク、ミルク、ピーチの4色展開です。

コントロールカラーを使いこなして自然な美しさへ♡

コントロールカラーは、肌の色味に関するお悩みをピンポイントで解消できる便利なアイテムです。

軽いお化粧だけで済ませたい日も、それぞれのカラーの特色を上手に使えば、ファンデのいらないナチュラル肌を作ることもできちゃいます。

肌のトーンを均一化させ、自然な美しさのあるベースメイクを手に入れましょう!

この記事を書いたのは
BE-SQUARE編集部

美容・ファッション・ライフハック・ワークハックなど、働くオトナ女子が「明日が今日より楽しくなる」情報をお届けします♡