IT・WEB業界で働く女性が等身大の情報をお届け!

Love

アラサー女子の婚活はなぜ厳しい?具体的な原因と対処法まとめ

婚活に精を出したくても、今はコロナ禍真っ只中…。アラサーの女性にとって、現在の婚活事情はなかなかに厳しいものです。

今回の記事では、アラサーの女性が婚活に厳しさを感じてしまう理由をあらためて考えてみます。「何だかうまくいかない」と感じている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

アラサー女性の婚活が厳しい理由は?

婚活の場では年齢がネックになることが多い

30代を過ぎると婚活市場ではなかなか厳しくなるのが現実。年齢の縛りの無いマッチングアプリや婚活パーティーでは、29歳と30歳では、男性の反応が違います。

しかし、近年は晩婚化が進んでいますのでアラサーだから結婚できないとは言えません。大切なのは、年齢を理由にしない婚活です。

女性が男性のステータスを気にするように、男性は女性の年齢を気にします。

ですが、ステータスよりも、性格が合うかどうか、趣味の話で盛り上がれるかといった部分を大事にする人もいますよね。

なので、30代以上が対象の婚活や趣味コンなど、「女性の年齢を気にしない婚活」で、お相手探しをしましょう。

「もっといい人がいるかも?」と思ってしまう

婚活を続けていると、アプローチなどを通じて数多くの男性と出会うため、「相手を決めることがなかなか難しい」と感じてしまうもの。

「もっといい人がいるかも?」と、今後の可能性を考えてしまいがちです。

すると、目の前にいる人の「良いところ」が見えづらくなり、視野を狭める結果になってしまいます。

本当はお似合いなのに、せっかくのチャンスを逃してしまうかもしれません。

先のことは、誰にもわかりません。だからこそ、今いる人のことをしっかりと考えてみましょう。

「いいかも?」とは思えても「好き」とは思えない

婚活がうまくいかないことが続くと、だんだんと自分に自信がなくなってきます。

そうすると、「いいかも?」と思う男性に出会えても、もう一歩踏み込んで「好き」と思えることが少なくなってしまうのです。

また、自分の中でも結婚の決め手がはっきりしていないため、いい人どまりのまま結婚に踏み切れないという方もいます。

まずは、自分を大切にすること。そして、じっくりと自分と対話することです。いいかもと思った自分のアンテナを信じてみましょう。

また、出会いの数が多いことで、いろんな男性に目移りしてしまうケースもあります。そんな時は、絶対に譲れない条件を軸に考えてみるのも、1つの手です。

アラサーの婚活はコロナでより厳しい方向へ

外出自粛で出会いの場に行けなくなった

新型コロナウイルスの感染拡大は、恋愛・婚活市場にも大きな影響を与えています。

飲食店が休業に陥ったように、婚活パーティーや街コンなど、対面で行う婚活系のイベントは、軒並み停滞しています。

SNSやマッチングアプリを通じた出会いも、気になる相手とつながるところまではできても、その相手とリアルでデートするのはなかなか難しい状況です。

実際、「出会いの場に行けない」という声が多くあがっています。

そのため、通話や文字のやり取りで関係を築いていく時期と捉えてみてはいかがでしょうか。

デートとなるといろいろと準備も必要ですが、自宅でリラックスした状態で関係を深めていけるので、より素に近い自分を出せます。

もちろん、相手もそうでしょうから、より自分と相性のいい人に出会えるかもしれません。

感染リスクを考えると人と会うのは怖い

コロナのリスクは、自分自身が感染してしまうリスクだけに留まりません。

「感染した自分が、今度は周囲に感染させる側になってしまうかも」という心配も、常について回ります。

現在は、職場の人や家族に会うのにも注意が必要な状況。

見ず知らずの人と会う可能性が高い婚活シーンとなればなおさら、「コロナが収束するまで自粛すべきでは」という声もあります。

まずは、自分自身の健康を第一に過ごしましょう。

そして、外出できない期間を自分磨きの時間にあててみてはいかがでしょうか。

コロナ終息後にスタートダッシュを切る準備期間と考えると、少し気持ちも楽に保てます。

本当に自分に結婚は必要?

結婚したいではなく、「しなくてはいけない」と思い込んでいるかも

「結婚したい」という思いが「結婚しなければならない」という強迫観念に変わっていませんか?

多くの人は、幸せになりたいから婚活をしているはず。でも「何が幸せか」を決めるのは、やっぱり自分自身です。

「結婚しなければ幸せになれない」という考えは、真面目すぎる思い込みかもしれません。

最近の社会調査によれば、「必ずしも結婚する必要は無い」と考える人は、およそ68%と、7割に迫る勢いです。結婚しなくてもいいと考えている人が、意外と多いことがわかります。

今一度、「自分には本当に結婚が必要か」と落ち着いて考えてみましょう。結婚は幸せになる手段のひとつであって、全てではありません。自分の幸せは自分で決めるものです。

自分の心の声にしっかりと耳を傾けて、自分が幸せになる方法を探しましょう。

  • Profile
  • Read more...
Arlie

BE-SQUAREのライター兼編集者。働く女子が仕事・私生活で役立つ情報を発信。Twitterでは仕事しながら見つけた便利ツールや日々のことをゆるりと投稿しています。

  1. 【全色】SUQQUの定番人気モイスチャーリッチリップスティックをイエベ・ブルベ別に紹介

  2. 【秋冬新作】SUQQU(スック)のシアーマットリップスティックをイエベ・ブルベ別に紹介

  3. 韓国No.1のファッションプラットフォームが日本上陸!MUSINSA GLOBAL STORE

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

RELATED

PAGE TOP