私って都合のいい女? “本命”との違い・特徴と抜け出す方法

彼から突然呼び出されたり、返信がこなかったり….。

「もしかしたら私、都合のいい女になってるかも?」と心配になっていませんか?

男性から本命として選ばれる女性についてや、脱却の仕方を解説します。勇気をもって自分の振る舞いを変えることが必要ですが、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「都合のいい女」の特徴

突然呼び出される・ドタキャンされる

相手の男性から突然呼び出されたり、当日に約束をキャンセルされたりといったことが珍しくないなら、「都合のいい女」として扱われているかもしれません。暇つぶしとして呼び出し、本命彼女とダブルブッキングになってドタキャンしているのでしょう。

「誰かが一緒にいてくれなければ不安」という女性は、相手が自分から離れてしまうのを恐れることから、相手の要求を何でも聞いてしまいがち。依存体質で寂しがり屋な女性ほど、このような扱いをされやすいと言えます。

そのため男性から「従順で扱いやすい女」という都合のいい解釈をされてしまうのです。

会うのは基本的に夜や室内

基本的に夜や室内でデートをしていることも「都合のいい女」として扱われている特徴のひとつ。自宅やホテルが集合場所で、用事がすめば「さよなら」という具合。これは男性から「自分がしたいことをさせてくれる」と思われていると考えていいでしょう。

相手の男性が好きだからこそ、「余計な詮索はしないであげる」「相手の要求に応えてあげたい」。そんなふうに尽くす女性ほどかえって本命になれず、都合のいいように扱われてしまいがちです。

こちらから連絡しても返信がない

「都合がいい女」とは、必要最低限の連絡しかしたくない。そんな本音を抱いている男性もいます。そのため、女性から「会いたい」と連絡しても、何かと理由をつけて連絡がなく、ひどいときは既読スルーされてしまうことも。

反対に、女性側が「相手から連絡があったら、たとえ都合が悪くても会ってしまう」状態なら「都合がいい女」扱いを受ける可能性が高まります。

相手からの押しに弱い女性ほど、「コントロールしやすい」と思われてしまうのです。時にはぐっと我慢して、相手の要求を鵜呑みにしないことも大事です。

「一生一緒にいたい女」の特徴

自分の話をやさしく聞いてくれる

男性は、「自分の話を聞いてくれる」「自分のことを理解してくれる」女性を「一生一緒にいたい女」として意識するものです。笑顔でやさしい「聞き上手」な女性を求める男性は多くいます。

仕事や交友関係の話を、否定したり引いたりせずに聞いてくれる女性に対して、男性は好感を持ち「この人は自分をわかってくれる」と考えます。一緒にいて満たされる気分になるため、一生一緒にいたいと思われるのです。

生活力と思いやりを見せる

ジェンダーフリーが認知され、共働き家庭も増えています。そんな中、パートナーとして一緒に暮らすとなると家事も大切。料理や洗濯などをしっかりできるという生活力が見えると、結婚後の生活をイメージしやすくなり安心するものです。

一方で、女性ばかりが家事をやるとなると、まさに「都合のいい女」に成り下がるかもしれません。「一生一緒にいたい人」であるためには、互いに尊重できる関係性が根底にあることが重要。“家事を全て女性がやる”構図は一緒に長くいるほど歪みが出てくるものです。

お互いの仕事の忙しさや将来の計画などを気にかけ合いながら、思いやりをもって家事を分担する姿勢が大切。一生一緒にいたい女性は、男性が負っている特有のプレッシャーにも気配りをしながら、生活力スキルと思いやりを見せる努力をしています。

一緒にいればリラックスできる

多くの男性が求めるのは、「一緒にいても気を張らなくていい」「リラックスして過ごすことができる」といった女性でしょう。

例えば、仕事で疲れていたり、緊張していたりするときでも、話すだけで安心できる、傍にいるだけで肩の力が抜ける女性の存在は大きなものと言えます。

「都合のいい女」のやめ方は?

自分自身を大事にする勇気を持とう

相手の都合に合わせてしまうというのは、自分の価値を低く見ている証拠です。「価値のない自分」は振り回されても仕方ないと思っていませんか。そんなことはありません。どんな女性も、自分を大切にして良いのです。

「急に呼び出されるのは困る」というのが本音なら、その気持ちを大事にしてみましょう。すると、これまでは「呼び出されるのは必要とされているからだ」と思っていた相手の男性に対して、「人の都合も考えずに呼び出す非常識な人だ」という風に考えられるようになってきます。

すると、どんどん自分の中で自分の価値が上がっていき、対して都合のいい女扱いしてくる男性の価値は下がっていくはず。そうなれば、もうあなたは「都合のいい女」ではありません。

「都合のいい女」でいる時間がもったいない!

自分は結婚も考えているけど、相手から都合のいい女扱いされている気がするなら、本音を確かめてみましょう。それで本命にはなれないと感じたら、苦しいかもしれませんが諦めて次の恋愛を始めるのがカギ。「都合のいい女でいる時間がもったいない」と考えることで、決別もしやすくなります。

気持ちがなかなか切り替えられないときは、相手のために使う時間がどれだけ自分にとってプラスになるのか考えてみましょう。また、その時間を自分磨きや新しい恋愛に向けたときと比べてどうか、まで考えてみるのがポイントです。

自分ってもしかして都合のいい女かも?と思ったらぜひ自分視点に立って考えてみてくださいね。

この記事を書いたのは
BE-SQUARE編集部

美容・ファッション・ライフハック・ワークハックなど、働くオトナ女子が「明日が今日より楽しくなる」情報をお届けします♡