肉を使わない野菜の肉詰め ヴィーガンにもうれしい【野菜のそぼろ】で健康レシピ

世界では肉を使わないフェイクミートが流行りつつありますよね。

現在の食肉の供給システムは環境に負荷を与えることがあるため、肉を減らして野菜中心の食生活へシフトチェンジする人も増えているようです。

「HÄRKIS®FINLAND 野菜のそぼろ」(ハーキス)はフィンランドのそら豆を主原料として作られた、次世代の新しい「ミート」。

グルテンフリーで、植物性たんぱく質や食物繊維が豊富に含まれています。

使いやすいフレーク状になっているので、さまざまな方法で調理可能。
味は、プレーン・メキシカン・エスニックカレーの3種類があるので、いろいろなメニューにアレンジができそうです。

今回使う商品
野菜のそぼろ エスニックカレー

ヴィーガンやベジタリアンの方にもうれしい商品。

ノンミートなのにしっかりジューシー!野菜の肉詰めレシピ

今日のレシピは「野菜のそぼろ エスニックカレー」を使った「野菜の肉詰め」。

まるでひき肉のようなジューシー感が、違和感なく食べられます。初めて野菜のそぼろを使う方にもオススメの一品。

材料 2個分

「野菜のそぼろ エスニックカレー」 1パック(130g)
パプリカ(赤、黄) 各1個
小麦粉 適量
モッツァレラチーズ(一口タイプ) 4個
パセリ(みじん切り) 各適量
ピザ用チーズ 適量

[A]
たまねぎ(みじん切り) 1/2個
冷凍ミックスベジタブル(解凍する) 40g
溶きたまご 1個分
パン粉 大さじ1
塩、こしょう、ナツメグ 各適量

作り方

① 「野菜のそぼろ」は電子レンジで加熱する。(500W 約2分/600W 約1分40秒)。
パプリカはへたをつけたまま縦半分に切り、種を取り除いて内側に薄く小麦粉をまぶす。

② ボウルに「野菜のそぼろ」と【A】を入れてよく練り混ぜ、4等分にしてモッツァレラチーズ1個を包み、「①」に詰める。同様に4つ作る。

③ 耐熱容器に「②」をのせ、お好みでピザ用チーズを散らし、オーブントースターに入れて火が通るまで焼き、パセリを散らす。