雪国女子の#沖縄移住 釣りもカフェも満喫「勢いで来ても何とかなった」

「移住してから、さらにいろんな場所に行ってみたいと思えるようになりました」

好きな場所で仕事もプライベートも両立させたいと思っているキャリア女子なら、一度は気になったことがあるはず。沖縄移住。

憧れるけど…実際のところ、沖縄での生活ってやっていけるの?
根掘り葉掘りお聞きしました。

お話してくれたのは窪塚洋子さん(29歳、仮名)です。

Q. 移住のきっかけを教えてください!

友人が沖縄で仕事を始めることになり、私自身も環境の変化を求めていたタイミングだったので「私も行きたい!」と勢いで決めてしまいました(笑)

Q. 移住先は沖縄を希望していたんですか?

“沖縄移住”っていうと昔から南国に憧れていて…という方が多いと思うんですけど
私は正直「どこでもよかった」というのが本音です。

高校まで”雪国”の新潟県で育ち、卒業後は進学するため上京しました。
東京での生活は刺激が多くとても充実していましたが、8年が過ぎる頃に「また新しい生活を始めてみたいな」という思いが生まれ始めました。

一度、新潟から東京への移住を経験していたので「どんな場所でもやっていけるだろう」という漠然とした自信があり、沖縄への移住を決断しました。

沖縄は観光地なので旅行で訪れる友人も多く、あまり寂しさは感じません。自然が近くにあって、車で少し行けば海という環境は東京では味わえないですよね。

海釣り♪沖縄で「ミーバイ」と呼ばれる魚が釣れました

Q. 移住のためにどんな準備をしましたか?

移住を決意してから実際に引っ越すまでは半年ほどでした。
一人暮らしをしていた家財道具を全て持っていくことはできなかったので、大型の家具や家電は処分してダンボールに入るものだけ郵便で送り、引っ越しをしました。

仕事は先に移住していた友人の職場にお世話になることが決まっていましたが異業種への転職だったので引っ越し後すぐに仕事ができるよう友人に話を聞いたり、オンラインサービスを使用して勉強したりしていました。

Q. 沖縄で友人はできましたか? 人との交流はありますか?

沖縄には移住してきている人がたくさんいて飲み屋に行くと友達ができることも多いです。

Facebookなどで仲間を募集しているサークルに参加するのもおすすめです。

私は「県人会」という同じ出身県のメンバーが集うサークルに入っていて、沖縄にいながら地元が一緒の仲間とめぐり会うことができました。

新潟の食べ物や言葉など地元あるあるを振り返ったり、帰省した人から新潟の最新情報を聞いたりして、楽しんでいます。

移住した当初は、特別な趣味があったわけではないので、共通項をもった人たちと安心感や懐かしさを感じていました。

県人会にいるときは、沖縄を忘れて新潟にいる気になっています(笑)

Q. 住むところはどうやって探したんですか?オススメのエリアがあれば教えてください。

移住してから地元の不動産屋さんで紹介してもらいました。
沖縄は車社会なので駐車場がついている賃貸物件が多いです。バスタブがなくシャワーだけの家も多くて最初は驚きました。

沖縄本島は南部・中部・北部と3つのエリアがあるんですが、私は空港に近い南部エリアで探しました。
車を持っていない方には「ゆいレール」というモノレール沿線に住むのをお勧めします。

Q. 沖縄への移住のデメリットとは何でしょう?

そうですね…ネットで買い物をした時などの送料が高いのは悩みのタネですね。
ネットで安くていいなぁと思って購入しようとしたら送料が商品より高いなんてこともザラです(笑)

大きい家具などは沖縄には発送できないと断られることもしばしば…

ただ、沖縄はアメリカンヴィンテージのインテリアショップも多く、逆に沖縄でしか手に入らないものもたくさんあるので掘り出し物を探したり、手に入らないものはDIYしたりと工夫しながら生活しています。

沖縄は公園にある木も大きい!

Q. ズバリ、沖縄の良いところってどんなところですか?

冬でも気温が高いのはもちろん、最近だと夏も関東より気温が低く、1年を通して過ごしやすい気候なのはいいですね。

あとはやっぱりすぐに海に行けるところです。沖縄に来てから休日にシュノーケルや釣りをしに海に行く機会が多くなりました。平日も仕事終わりに綺麗なサンセットが見れるのはリフレッシュになります。

Q. これからの計画はありますか?

沖縄からの飛行機は国際便も出ていて、アジアなど場所によっては関東から行くよりも短い時間で行けるそうなんです!
台湾やタイなど行ったことのない国にいってみたいな〜と思っています。

沖縄移住をしてからさらにいろんな場所に行って見たいなと思うようになりました。


沖縄に移住して、海で遊ぶ充実したプライベートを送り、仕事も順調という窪塚さん。新潟出身ということで、沖縄の暖かさが身に染みているようでした。

寒すぎず、暑すぎず1年を通して過ごしやすい気候というのがいいですね。

WEB業界をはじめとして沖縄への移住、Uターンは多くの人が憧れ、その支援策も数多くある模様。実際に移住した人の話もネットで読めます。なかには、移住をやめた人のお話も多くあるようです。

もし「将来的には沖縄移住を」と考えているなら、よく情報を収集・計画をしたり、沖縄での自分なりの楽しみ方を見つけるといいのかもしれませんね。

移住に関する情報はここでチェック!

沖縄県移住応援サイト おきなわ島ぐらし
その他、「沖縄移住」と検索すれば情報はたくさん出てきます!

この記事を書いたのは
BE-SQUARE編集部

美容・ファッション・ライフハック・ワークハックなど、働くオトナ女子が「明日が今日より楽しくなる」情報をお届けします♡