今さら聞けない!マスクメイクにはノーズシャドーが欠かせない! 

すっかり見慣れたマスク顔。でも、顔半分が隠れてしまっているからか、やっぱり印象がのぺっとしがち。今までのようにリップメイクやチークで雰囲気を演出しにくくなりました。

みなさんはどんな工夫をしていますか?

BSQ編集部も研究を重ねた「マスクメイク」の隠し技。今回はその中から、目鼻立ちをはっきりさせるノーズシャドーの技をお伝えします!

Before,Afterを見ても違いは一目瞭然!

  • Before ノーズシャドーなし

しっかりとメリハリある顔立ちをつくることができているでしょ?

時短で「しっかり感」を演出できるメイク技。ノーズシャドーのコツをメイクアップアーティストTapiに教えてもらいました!

使うのはシェーディングパウダー、またはアイシャドーのダークブラウンでもOKです。ブラシがあるとやりやすいですよ。

スタートポイントは眉下から。

スタートポイント

三角ゾーンが最も凹んで見えるとほりが強調されます。しっかり凹凸感を出したい場合は少しだけ濃いめに入れてもOK!

最も凹んでいる三角ゾーンで深みを出す

鼻の形に沿って伸ばす。小鼻の大きさが気になる人は小鼻周りも濃いめに入れてもOK!

小鼻周りは気になる部分を

完成!

左右の違いを見ると、左側にほりが演出されているのがわかりますか?

左:ノーズシャドー入り
右;ノーズシャドーなし

Tapiさんいわく「近くから見るとなかなかわからないけど、顔から1メートル離れると違いがはっきりして見えます」

今までノーズシャドーを入れたことがないという方にもぜひ、おすすめです。簡単なので、挑戦してみてください♡

教えてくれたのはメイクアップアーティスト Tapi(Cheka makeup room

メイクアップアーティストとして活躍後、Christian Dior, NYXのビューティーアドバイザー。現在はメイクアップサロンを経営する傍ら、日本人や海外のクライアントにも出張メイクを行う。
African×日本のBlasianとして世界各国のトレンドをキャッチしつつ“その人に合ったメイクの手法”を伝えることを大事にしている。
100均からハイブランドまで、いいものを上手に使ってメイクを楽しみましょう。

この記事を書いたのは
BE-SQUARE編集部

美容・ファッション・ライフハック・ワークハックなど、働くオトナ女子が「明日が今日より楽しくなる」情報をお届けします♡