LINEの次にくる!? メッセージアプリ“muze”がおもしろい【最速レビュー】

新しいiPhone12も気になるところですが、みなさん“muze”って知っていますか?

次世代感を感じるような、どこか懐かしさやシュールさを感じるような…ポストLINEのチャットアプリと言っても過言ではありません。

新しいものには目がないBSQ編集部。早速アラサーライター3人で使ってみたのでご紹介します!

“muze”って何!? 2020年夏に登場のアプリの全容

サービス開始は2020年8月。実に新進気鋭のメッセージアプリがmuzeです。

特徴はとにかくカスタマイズ性が高いメッセージを送れるところ!

英数字のフォントは42種類、手書きの文字、写真や画像、GIFアニメなど、見た目を自由自在に変えられるチャットが推し。好きなところに好きなスタンプや文字を入力できる。すなわち、人の送ったものを上からかぶせることもできるし、消すこともできるんです。

2020年9月現在ではiOSのみ対応。Android版はローンチされていません。

マンネリ化したコミュニケーションに一石!

いろんなツールが画一的にわかりやすくデザインされ、登場する時代。

次々と便利なツールやガジェットが生まれてきていますが、muzeのよさは「わかりにくさ」にあるのかもしれません。

アプリをダウンロードして、さっそく会話をしようと画面を開いても …“初めてスマホを触ったお母さん” 状態。一瞬「どう使うの?」と戸惑いました。

一度慣れてしまえば感覚的。ライター陣も使い始めて3分後にはすっかりハマりました。白いキャンバスに絵を描いているような楽しさが癖になります。

シュールでノスタルジック GIFアニメが楽しい!

muzeはなんと言っても、動くGIFアニメが楽しい。画面いっぱいに広がって、笑えます。スタンプやGIFアニメは90年代を思い出すようななんだか懐かしいフォルム。写真を撮って加工する機能も満載!
多彩に融合させると、なぜかシュールな表現になっちゃうところが、編集部お気に入りポイントです!

匿名性がコミュニケーションを盛り上げる

チャットで文字を入力する時は、自分のアイコンを冒頭に表示するかどうか、選ぶことができます。

アイコンを入れずに送ってしまえば一見誰の発言かわからない!
閉じられたグループで、匿名のコミュニケーションができちゃいます。他のアプリにはない機能性ですね。

誰かが送ったジョークにツッコミを入れたり、一つの絵をみんなで完成させていったり。

一緒にいれば互いに喋りながら編集をしていく楽しさが、会話の相手が遠くにいても互いにクスッと笑えて、会話のタネをまくことができます。遊びがふんだんに効いている!

タスク管理やデザインの業務にも使えそう

編集部で使い始めたため、結局「仕事の発想」になってしまいました(笑)。

muzeを使えば、タスクを書き入れて誰かが「完了」して消したり、画像で載せたデザインへのコメントもできちゃうんじゃない!? との結論に。

自由度が高すぎて、気軽なアプリだから、なんでもできちゃうんです。

muzeは2018年創業のスタートアップ。NYに本社をおいています。muzeのサービスサイトも大胆なつくり。

メッセージアプリといえば、今やLINEは老若男女が使う定番になり、リモートワークが広がったことでSlackも当たり前の存在となりました。

そんなメッセージアプリ界に改革を起こすかのように登場したのがmuzeと言ってもいいでしょう!!

「ルールはない、自分で開拓して発見して、好きなように使う」をApp storeでも唱っており、クリエイティビティと発展の可能性を感じるプロダクトです!

コミュニケーションって私たちの生活の核を占める要素。だから、楽しさや気軽さ、自由度が大事ですよね。

気になった人はmuze、ぜひチェックしてみて。

この記事を書いたのは
BE-SQUARE編集部

美容・ファッション・ライフハック・ワークハックなど、働くオトナ女子が「明日が今日より楽しくなる」情報をお届けします♡