オトナ女子なら知っておきたい 香水の正しい付け方とタイミングをおさらい

香水の正しい付け方や付けるべきタイミングを、ちゃんと知っていますか?

香水はその人の印象を決める要素のひとつ。だけど、普段なんとなくつけていて、実はあまり効果を発揮していない人も多いかもしれません。

そこで、オトナ女子ならおさえておきたい香水の豆知識をご紹介。

香水初心者さんも、「もう知っているよ」と言う人も、香水についておさらいしてみましょう♪

状況や場面で使い分けて♪ 香水の種類

香水は、香料の割合と香りの持続時間で4種類に分けられます。しかし香水の種類の名前も、カタカナばかりで忘れてしまいがち。

状況やシーン別に使うべき香水をわかりやすくご紹介します!

パルファンは香りが最も続く

パルファンは香水の中でも濃度が最も濃く、香りの持続時間も5〜7時間と一番長いのが特徴です。

少量でもしっかり香りが続くのでコスパが良いです。

つけ直す時間がとれない結婚式や、パーティーといった華やかな場所にぴったりです。

オードパルファムは約半日香りが持続

先ほどのパルファンよりも濃度は落ちますが、個性を引き立たせる香りが魅力です。

持続時間も5時間前後と長く、休日の外出やオシャレした日といった特別な日常を彩る香水です。

オードトワレはナチュラル派さんに

オードトワレは王道の香水。

持続時間は3〜4時間と短いですが、ナチュラルかつ柔らかい香りなのがポイントです。

学校やオフィスといった普段使いに向いています。

オーデコロンは香水初心者さんに

香水の中で最も濃度が低いのオーデコロン。持続時間は1〜2時間とあまり持続しませんが、ほんのりと優しい香りを広げます。

スポーツ後やシャワー後など、リフレッシュしたいときや初めて香水を使う場合にも最適です。

香りにも変化が出るって知ってた?

香水は、付けてすぐの香りと、数時間たった時の香りには違いがあるのを知っていましたか?

いくつもの香料をミックスして作られているので、揮発度の高いものから低いものへと順に香って変化していくのだそうです。

その香りの変化を「トップノート」と「ミドルノート」、「ラストノート」と3つに分けて呼んでいます。

トップノート

つけてすぐの香りをトップノートと呼び、香水をつけて20分ぐらいまでの香りのこと。

主にこの段階では柑橘系の香りがするといわれます。最初の香りなので、ここで香水の印象を決める方も多いでしょう。

実は、この時点でアルコール分がまだ飛んでいません。そのため、本来の香水の香りとは違う場合があります。

ミドルノート

香水をつけてから30分~1時間経過したときの香りがミドルノートです。「ハートノート」とも呼ばれ、持続性は3時間ほど。

そして、香水本来の魅力が最も強調される時間帯だといわれています。出かけるときは、ミドルノートに変わるタイミングが理想です。

ラストノート

いわゆる残り香と呼ばれる香りのこと。「ベースノート」「ラスティングノート」とも称されます。

香水をつけている人の体の匂いと混じりあって、その人を印象づけます。

香りの種類によってもラストノートの時間は大きく異なるのが特徴です。

フローラル系ならトップノートからラストノートまで12時間、ウッディ系であれば24時間持続するといわれています。

匂い美人になるための香水の付け方

香水は体温が高い場所につけるのがポイント。香りやすくなってより効果的です。

また、香水の香りにも変化が生じるので、待ち合わせの30分〜1時間前に付けるのがおすすめ。

付ける前に体を保湿しておくこと、清潔にしておくことも注意するとより香りの効果が発揮できます。

香水をつける場所

耳の後ろやうなじ

耳の後ろやうなじには太い血管が通っており、香水をつけるのに最適な部位です。血管から発した熱が香水のアルコールを気体化させ、香りが漂いやすくなります。

また、耳の後ろやうなじは直射日光が当たらないのも理由です。一度香水を指先につけてから耳の後ろや、うなじになじませるようにつけるようにしましょう。

手首

手首の場合は、左右の手首に1滴ずつつけるのがベストです。手首に香水をつけるとき、左右の手首をこすり合わす方がいますが、この方法はおすすめできません。

こすると香水の香りが飛んでしまい本来の特徴が損なわれてしまいます。優しくポンポンと乗せるのがコツです。

腕・ひじの内側

ひじの内側もうなじと同様に太い血管が通っていることから、香水をつけるのに向いています。腕はよく動かすパーツのため、香りやすい部位でもあります。

ただ、うなじや耳の後ろとは違って直射日光が当たりやすい部位です。香水をつけたパーツに日光が直接当たると、色素沈着が起こってシミができてしまうリスクがあるので注意しましょう。また、コットンを使ってつけるのが匂い美人になるポイントです。

ウエスト周りは、真夏以外では汗をかきにくいパーツなうえ、体温が高い部分。ほんのりとした香りを楽しみたい場合に最適です。

効果的な付け方は、服を着る前に30センチ離した場所から香水をつけること。ほどよく全身から香りを感じられます。

ももの内側・ひざの裏側

腰周りと同様に汗をかきづらいパーツです。香水のつけ直しも比較的しやすい場所ですし、歩くだけでふわっと香ります。ただし、上半身につけるよりは香りが控えめです。

香水は、時間が経つほど下から上に香りがいくので、ほのかな香りを長く楽しみたい方におすすめ。

ただし、ももの内側はデリケートな部位。肌トラブルが心配な方は、あらかじめパッチテストをして肌が荒れないかどうかチェックしておきましょう。

いろんな香水を楽しみたい人へ【香水のサブスク】

「買ったけど、香りに飽きちゃった…」「いろんな香りを試して自分のお気に入りを見つけたい!」と言う人におすすめなのが、COLORIA(カラリア)の“香りの”サブスクリプションサービス

毎月自分の好きな香りが届けられ、送料無料で月々1,980円~とリーズナブルに楽しめます。

約500種類の豊富なラインナップから自由にチョイスし、1ヶ月使い切りサイズのアトマイザーで使用ができます。ブランドの香水を試し放題でお得です。

また「自分に合う香りがわからない」と悩んだときもLINEコンシェルジュが相談にのってくれるので、香水初心者にも手軽に始められます。

自分の好きな香りで毎日を彩り、匂い美人を目指そう♪

この記事を書いたのは
BE-SQUARE編集部

美容・ファッション・ライフハック・ワークハックなど、働くオトナ女子が「明日が今日より楽しくなる」情報をお届けします♡