渋谷ってやっぱりすごい! かわいい花のごみ袋で“花畑” 発案者は区長

「渋谷お花畑プロジェクト」

「ちがいをちからに変える街、渋谷。」を基本構想とする渋谷区が、ごみ袋メーカーの「サニパック」とタッグを組んで作った環境配慮型ごみ袋『nocoo(ノクー)渋谷』。

CO2排出削減を目指して、「NO CO2」の表記を変えたネーミングを採用しています。特長は、写真の通り、ピンクや水色の花柄が施されたデザイン。

渋谷区推奨のごみ袋が新登場。街をキレイに、元気にしてくれる、お花のイラストが入ったごみ袋「nocoo(ノクー)渋谷」で、街をお花畑に♪

まだごみが回収されていない早朝の時間帯に街を歩く機会に、こんなかわいいごみ袋が出されているのを見かけたら、ごみだとわかっていながらもなんだかちょっと楽しい気分になってしまいませんか?

それこそが、このごみ袋の開発者たちの願い。「ごみ集積所に花柄のごみ袋を集めて大きなお花畑を作ることで、目にする人たちにちょっとでも元気になってもらえたらうれしい」との想いを込めて開発された商品なのです。

渋谷を、日本を、世界を元気にしたい

アイディアの発案者はなんと現渋谷区長。「渋谷を、日本を、世界を元気にしたい」という想いのもと、渋谷区推奨のごみ袋として発売が決定。30Lサイズのごみ袋のイラストには、サニパックのイメージカラーを採用。

45Lサイズのごみ袋は、渋谷区の「区の花」であるハナショウブのカラーを。そして70Lサイズのごみ袋のモチーフになったピンク色は、日本の国花としても親しまれている桜。まさに、世界に向けてメッセージを発信するにふさわしいデザイン。

2月12日には、サニパックから渋谷区に『nocoo渋谷』10万枚が寄付されていますが、今後このごみ袋は渋谷区を通じて、区内で清掃活動をおこなう団体などへ配布されるそう。清掃活動に力を入れ、街を愛らしい花でいっぱいにする「nocoo渋谷お花畑プロジェクト」によって、渋谷区の注目度も高まること間違いなし。

大好きな街をみんなで一緒にキレイにするためにも、今日から『nocoo渋谷』で街にお花畑を作りましょう。

自宅やオフィスに常備したい♪

こんなかわいいデザインのごみ袋なら、自宅やオフィスに常備しているだけで気分が上がること間違いなし。街いっぱいにごみ袋の花が咲く「お花畑プロジェクト」。なんて楽しいプロジェクトでしょう♪

渋谷区だけなんてもったいない。渋谷区在住でなくても使いたくなる、CO2排出削減を考えてサニパックが新たに開発した環境配慮型のごみ袋です。

Twitter & Instagram Campaign

人気の電気圧力鍋やプリザーブドフラワー、お肉、その他サニパック製品など、豪華賞品が当たるキャンペーン実施中!

応募方法はInstagramまたはTwitterでサニパック公式アカウントをフォロー&「#みんなでお花畑を作ろう」をつけて「nocoo渋谷」やお花に関する写真を投稿するだけ! キャンペーン詳細は、こちらからアクセス。

渋谷区推奨 CO2排出削減 ごみ袋

30L(10枚入り) 45L(10枚入り・30枚入り) 70L(10枚入り)  オープン価格

【お問い合わせ】
日本サニパック(株)
TEL 0120-328917
https://www.sanipak.jp

 

 

この記事を書いたのは
Poco'ce

毎月25日発行。ちょっと幸せをテーマに、グルメ・美容・健康・カルチャーなど、女性にうれしい情報満載の無料情報誌。TOKYO LIFE STYLE Free Magazine Poco'ce(ポコチェ)

http://www.pococe.com/