コロナで揺らぎ変わってしまった人たち #アラサー女子会の辛口トピ

日頃からTwitterを見るタイプなんですが、新型コロナウイルスが流行しだしてから、一時期インスタグラムに熱心だった人たちが戻ってきました。

気軽なランチも遠出もできない外出自粛や旅行に行ける生活じゃなくなって“映えライフ”が遠のいたんですよね。

春先から、Twitterに戻ってきた人たちを「おかえり」という気持ちで見ていました。

「仕事に影響がでた」「夫がずっと家にいるようになって辛い」

周りには美容やダンスの仕事をしている人、ママになったアラサー女子たちが多いんですが、コロナの影響で多方面に出た変化にフラストレーションを感じているんですよね。

なかには、強い意見や主張を押し出す圧も感じるようになりました。

昔からの友だちのことを指して「いつもインスタのストーリーにアップしてるけど、あの子、めっちゃ飲みに行っている」といわゆる“自粛警察“のようなツイート。「同じ歳でも、子どもいる、いないで価値観違うよねー」とか。

見ながら「あ、あの子のこと言っているな」とわかるわけです。

私がフォローしていたインスタグラマーなんて、今までは海やきれいな街をアップしていたのが、自粛で旅できなくなった影響なのか「テレビは嘘の情報流している」「この海を守るためにテレビを見るのをやめよう」と、フォロワー稼ぎに走ったり…。「地球滅亡する」と不安を感じて何かを信仰し始めている人がいたり。

コロナで人が揺さぶられていると感じました。

あっちでもこっちでも、人の変化を感じるようになって、すごいストーリーが展開していて「めっちゃウケる」と一瞬思ったけど…

私もコロナが起きてから「人生何が起こるかわからない」と思ったのは事実。

キラキラ度や年収、彼氏や配偶者がいるかどうかとか、みんなと同じ水準で生きる必要はないな

と、インスタの先に「いいな」と思っていたのが変わって、軸を持っている人に憧れるようになった気がします。

そういう意味でいうと、もしかしたら、自分にもコロナを機に変化があったのかもしれません。

BSQ編集部Gangでした。

#アラサー女子会の辛口トピは、BSQ編集部を中心としたアラサー女子の間で話題に上がったトピックコラム。

 

モヤモヤや違和感、スカッとしたことなど共感したり、あるあるを語ったり、ぶっちゃけトークをしたり。一緒に共有・共感したいトピックはTwitterで #アラサー女子会辛口トピ をつけて呟いちゃいましょう!

この記事を書いたのは
BE-SQUARE編集部

美容・ファッション・ライフハック・ワークハックなど、働くオトナ女子が「明日が今日より楽しくなる」情報をお届けします♡