顔のうぶ毛ケアしてる?使うべきカミソリと正しい剃り方を大公開!

顔全体に薄く生えているうぶ毛。

「日ごろから処理はしているけど、正しいやり方や順番を知らずに自己流でやっている」という人も多いのではないでしょうか?

誤った方法でやっていると、お肌に大きな負担をかけていることも。

今日はお顔剃りについての正しい知識をおさらい。明るくキメの細かい美肌を目指しましょう♪

お顔剃りのメリットって?

お顔のうぶ毛を処理すると実際どんな効果があるのでしょうか?

まずは、お肌に透明感が生まれます。

うぶ毛を剃ることで化粧水などが肌になじみやすくなり、潤いのある肌に。またうぶ毛処理は肌の古い角質や毛穴汚れも取り除くことができるので、すべすべしたツヤ肌になります。

もう一つは、メイク崩れの予防になること。

せっかく気合い入れてメイクしたのにすぐにヨレてしまうという人もいるのでは?それは、うぶ毛がファンデの密着を邪魔してヨレやすくしているからかもしれません。

うぶ毛処理をしておけば生え際までフェンデーションが均一に密着するので、崩れを防ぐことができます。

正しい処理の方法 パーツ別にカミソリを使い分けて

顔のうぶ毛を剃る時には、パーツ別にL型とT型のカミソリを使い分けるのが大事なんです。

カミソリの中でも、お肌への優しさを求めるなら電気シェーバーがおすすめ。

最近では、より肌への負担を軽減した音波振動カミソリなどが登場しているのでご自身に合ったカミソリをご使用ください♪

お顔剃りの正しい処理方法を大公開。

STEP 1 おでこ・眉

L型のカミソリを使用!

まず髪の生え際を1cmほど残して額の輪郭を剃り、そこから眉に向かって下に剃っていきます。この時、眉の上も1cmほど残しましょう。さらに眉の下側も上から下に向かって剃ります。

STEP 2  頬・こめかみ

T型のカミソリを使用!

頬は目の下の頬骨あたりを鼻側から耳側に向かって1回剃ってから、上から下に向かって剃っていきます。こめかみは、髪の生え際を1〜1.5cmほど残し、上から下に向かって剃りましょう。

STEP 3  鼻・口

鼻はL型、口はT型を使用!

鼻筋は上から下に向かって剃ります。小鼻は横に倒しながら、鼻の丸みに沿って上から下に向かって剃りましょう。口角の付近は、外側から内側に向かって剃っていきます。

STEP 4  フェイスライン・あご

T型のカミソリを使用!

フェイスラインも、上から下に向かって剃っていきます。あごやあご裏も同様です。刃を肌に強く押し付けると肌荒れの原因になってしまうので、軽く当てて一回で剃り終えましょう。

これだけは守ろう!【お顔剃りの三か条】

お顔剃りの際にこれだけは守りたい三か条をお伝えします!

一、しっかりと保湿をすべし

肌への負担をできるだけ少なくするために、剃る前後の保湿ケアは念入りに行いましょう。

二、皮膚を引っ張りながら剃るべし

肌にカミソリを当てると、うぶ毛が寝てしまって剃りにくいことがあります。そんな時は、カミソリを持っていないほうの手で皮膚を引っ張ると、うぶ毛が立ち上がり剃りやすくなるでしょう。お肌も傷つけにくくなります。

三、毛流れに沿って上から下に剃るべし

剃る方向は上から下へが基本です。何度も同じ場所を剃ると肌に負担をかけてしまうので、一回で剃り終えましょう。

出来るだけ肌にやさしく、負担をかけないように処理を行うことがポイントです。

いくつもの効果が見込めるお顔剃り。

普段忙しくて処理する時間がないという人は、パーティーやウェディングなどの前日にでも取り入れてみてください。ワンランク上の美肌を手に入れよう♪

この記事を書いたのは
BE-SQUARE編集部

美容・ファッション・ライフハック・ワークハックなど、働くオトナ女子が「明日が今日より楽しくなる」情報をお届けします♡