おいしいもの共有する喜びが好き 前田敦子が語る”お取り寄せ”の魅力

選ぶ楽しみと届いた時のよろこび。
そして、食した時の感動はお取り寄せならではの醍醐味。
全国各地から届くこだわりの逸品。“お取り寄せ”が大好きという、前田敦子さんにお話を伺いました。

寝る前に探してしまう“お取り寄せタイム”調べ出すと止まらない

『お取り寄せグルメ、好きです!』と目をキラキラさせて話し始めてくれた前田さん。これまでお取り寄せした数もかなりあるそうで、しかもどれも失敗したことがないというお取り寄せのスペシャリストだ。
「よくお取り寄せするのはスイーツですね。寝る前に探すことが多いんですけど、和菓子とかは見た目がかわいいから調べているだけで楽しいです。次から次へとおいしそうなものが出てきて、1回調べ出すと止まらなくなってしまう(笑)」

お取り寄せしようと決める時のポイントを尋ねると『自分が食べたいと思ったもの!』と笑う。
「まずは見た目で気になるものをチェックして、それからランキングや口コミを覗きます。あとは一度お取り寄せすると、次々に関連商品がオススメで表示されるじゃないですか。あれ、ついつい見てしまって、またまたエンドレス(笑)」

自分で探したおいしいものをみんなで共有するのが好き

頼んだものがピンポーンと自宅に届く瞬間が好きと嬉しそうに話す前田さん。おいしいと思ったものは周囲にもお裾分けするのだとか。

「先日はスイートコーンをお取り寄せして、皆んなにお裾分けしました。2、3ヶ月前から予約していたものだったのですが、あまりに美味しくて再度お取り寄せ。親や友達にも配ったら喜んでもらえてとっても嬉しかったです。大好きな人たちとおいしものを共有して『あれ、美味しかったよね!』って盛り上がれるのもお取り寄せの魅力だと思います」

自分へのお取り寄せは直感で選ぶことが多いのに対し、差し入れは優柔不断になってしまうらしい。
「出演者さん、スタッフさん誰もが喜んでくれて、食べやすくて割と日持ちもするもの… と考えて、結局どら焼きになることが多いですね。どら焼き大好きなんです。現場にあるとテンションあがります(笑)。」

そんなお取り寄せの名人とも言える前田さんの出演する映画『葬式の名人』が9月20日より全国公開される。

映画評論家として知られる樋口尚文の劇場映画第2作となる本作は川端康成の作品群を原案に、高校の同級生の通夜に集まった面々が奇想天外な体験をする青春群像ファンタジー。前田さんは息子と二人で暮らしている28歳のシングルマザー雪子を演じる。

インタビュー後編「映画オタクな監督が作る作品はおもしろい」 前田敦子主演『葬式の名人』」


PROFILE

Atsuko Maeda  1991年生まれ。

「AKB48」の元メンバー。2005年に第1期生として加入し、2006年2月にCDデビュー。グループ卒業まで、ほぼすべてのシングル曲でセンターポジションを務める。

2007年「あしたの私のつくり方」で映画初出演。その後、2011年に「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」で初主演を果たす。近作では、「町田君の世界」、「マスカレード・ホテル」、「旅のおわり世界のはじまり」などに出演。

『葬式の名人』

copyright 2018 “The Master of Funerals” Film partners

ノーベル文学賞作家・川端康成の数々の作品からモチーフを得た、オリジナルストーリーで綴る青春群像ファンタジー。

原案/川端康成
監督/樋口尚文
脚本/大野裕之
出演/前田敦子、高良健吾、白洲迅、尾上寛之、中西美帆 他
公開/9月20日(金)全国公開

 

この記事を書いたのは
Poco'ce

毎月25日発行。ちょっと幸せをテーマに、グルメ・美容・健康・カルチャーなど、女性にうれしい情報満載の無料情報誌。TOKYO LIFE STYLE Free Magazine Poco'ce(ポコチェ)

http://www.pococe.com/