『ハムレット』や『CITY』実力派キャストが好演【5月公開舞台】

5月に公演が始まる選りすぐりの舞台作品を3作紹介します。
ぜひ、劇場に足を運んで、俳優の演技や臨場感ある物語を楽しんでみてはいかがですか?

ハムレット

英国演劇界で第一線を走る、注目の演出家サイモン・ゴドウィンの日本初登場となる本作は、シェイクスピアの最高傑作とも呼び声高い「ハムレット」。

若手からベテランまで華やかな実力派キャストと世界の最先端を走るスタッフ陣で魅せるダークファンタジーな舞台に期待大。

作/ウィリアム・シェイクスピア 演出/サイモン・ゴドウィン

美術・衣裳/スートラ・ギルモア 出演/岡田将生、黒木華 他

公演/5月9日(木)~6月2日(日)

会場/Bunkamura シアターコクーン

Bunkamura TEL 03-3477-9911

 

恐るべき子供たち

KAAT 神奈川芸術劇場の芸術監督を務める白井晃演出で、『春のめざめ』に続いて思春期の“生”と“性”をテーマに描く翻訳劇の連続上演となる本作は、ジャン・コクトーの名作小説を舞台化。

姉弟の愛情があるがゆえに関係が歪んでいく愛憎劇を演劇ならではの表現で上演。

作/ジャン・コクトー 上演台本/ノゾエ征爾 演出/白井晃

出演/南沢奈央、柾木玲弥、松岡広大、馬場ふみか 他

公演/5月18日(土)~6月2日(日)

会場/KAAT 神奈川芸術劇場 大スタジオ

チケットかながわ TEL 0570-015-415

 

CITY

瑞々しい感性で紡がれる物語と洗練された空間造形、緻密で繊細な演出で多くの観客やクリエイターを魅了する演劇作家・藤田貴大が、現代の都市を舞台にした新作。

モチーフとなるのは「ヒーロー」。

正義とは? 悪とは? 多様な価値観が共存する現代社会での善悪の相克を描く、渾身の作品。

作・演出/藤田貴大 出演/柳楽優弥、井之脇海、宮沢氷魚、青柳いづみ 他

公演/5月18日(土)~26日(日)

会場/彩の国さいたま芸術劇場 大ホール

彩の国さいたま芸術劇場  TEL 0570-064-939

この記事を書いたのは
Poco'ce

毎月25日発行。ちょっと幸せをテーマに、グルメ・美容・健康・カルチャーなど、女性にうれしい情報満載の無料情報誌。TOKYO LIFE STYLE Free Magazine Poco'ce(ポコチェ)

http://www.pococe.com/