メモやお菓子の包紙にぴったり 現代風にアレンジした日本古来の“懐紙”

「懐紙」とは、懐に忍ばせる和紙のこと。

ティッシュやハンカチの無かった時代に着物の懐に入れて持ち歩く習慣が今に伝わる、お茶会などではお馴染みのアイテムです。

お菓子の敷紙やちょっとしたメモ、ポチ袋など、「包む」「書く」「拭く」といったあらゆる用途に対応している懐紙。

日本古来の文化をバッグやポーチに忍ばせて、自分らしく粋な使い方をしてみませんか?

乙女懐紙(伊予和紙 20枚 シール3枚入り)
ケース無し 385円 ケース付き 748円

【お問い合わせ】カミイソ産商(株)
http://www.kamiiso.co.jp

 

この記事を書いたのは
Poco'ce

毎月25日発行。ちょっと幸せをテーマに、グルメ・美容・健康・カルチャーなど、女性にうれしい情報満載の無料情報誌。TOKYO LIFE STYLE Free Magazine Poco'ce(ポコチェ)

http://www.pococe.com/