毎日飲むお茶をごぼう茶に エイジングケアのプロ南雲吉則博士が監修

還暦を過ぎたとは思えない若々しい姿から、エイジングケアに関心の高い女性たちの圧倒的支持を得ている、南雲吉則博士。

若さの秘密のひとつは、長年飲み続けている「ごぼう茶」であることから、美と健康を望むすべての人にその効果を実感してほしいと、自ら監修に乗り出したのが、「あじかん 国産焙煎ごぼう茶」。

赤ちゃんや妊婦さんでも飲用できるノンカフェインに仕上がっています。このごぼう茶が美容と健康維持に役立つ理由は、ポリフェノールの一種である「クロロゲン酸」と水溶性食物繊維「イヌリン」が含まれているから。

クロロゲン酸は、糖質の吸収をゆるやかにして脂肪の溜め込みを防ぐ働き、脂肪燃焼を促進する働きがあり、イヌリンは腸で水分を吸収するとゲル状になり、一緒に摂った糖質の吸収を抑えてくれる上、腸内で善玉菌のエサとなるため、腸内環境を整えるのにも役立ちます。
飲み続けることで体内に溜まった毒素がぐっと減り、身体が軽くなることを実感できるはず。

香ばしさと甘みを楽しみながら健康管理

売上累計550万袋を突破した、南雲吉則博士監修の「あじかん 国産焙煎ごぼう茶」は、国産ごぼう100%で、皮ごと独自の特許製法で作られる、ごぼう茶売上No.1ブランド。

香ばしくスッキリした飲み口とほのかな甘みで、美味しさと健康を両立。お湯で煮だしたら、1包でたっぷり500~600cc作れるので経済的にも大満足です。

この冬の“温活”は、毎日飲むお茶を「ごぼう茶」にシフト!
「ごぼう茶」がカラダの内側から美と健康をしっかりとサポートしてくれます。

南雲吉則 博士

ナグモクリニック総院長
1955年生まれ。乳腺専門医、医学博士。東京慈恵会医科大学・近畿大学の非常勤講師

「女性の大切なバストの美容と健康と機能を守る」をモットーに全国で乳癌手術、乳房再建術を行うかたわら、「一日一食」「ごぼう茶」「水シャワー」などの独自の若返りダイエット健康法を展開してベストセラー、テレビ出演多数。
近年は、がん患者の命を救う食事と生活術「命の食事」を提唱。指導・講演にも力を注ぐ。

国産焙煎ごぼう茶(20包)864円
国産黒豆ごぼう茶(18包)864円
国産生姜ごぼう茶(14包)864円

(株)あじかん お客様相談室
TEL 0120-934-105(平日 9:00~17:00)
http://www.ahjikan.co.jp

この記事を書いたのは
Poco'ce

毎月25日発行。ちょっと幸せをテーマに、グルメ・美容・健康・カルチャーなど、女性にうれしい情報満載の無料情報誌。TOKYO LIFE STYLE Free Magazine Poco'ce(ポコチェ)

http://www.pococe.com/