IT・WEB業界で働く女性が等身大の情報をお届け!

Entame

ハリウッドの通説“成功した子役はレールを踏み外す”を覆したアビゲイル・ブレスリン

3歳でトイザらスのテレビCMに出演し、映画、ドラマ、舞台と着実にキャリアを重ねる女優・アビゲイル・ブレスリン。役者としての成功に浮き足立つことなく、世間の評価にも動じずに我が道を歩む彼女の、堅実な仕事ぶりに学びたい。

娘の無実の罪を晴らすため…『スティルウォーター』

アメリカ・オクラホマ州のスティルウォーターで暮らすビル(マット・デイモン)は、ドラッグやアルコールに溺れ過酷な人生を送ってきましたが、自分の人生を取り戻し過ちを償おうとしていました。そんな最中、マルセイユに留学していた娘のアリソン(アビゲイル・ブレスリン)が、ガールフレンドのリナを殺害したという罪で刑務所に服役してしまいます。ビルは無実を訴えているアリソンを助けようとマルセイユに向かい、娘のために奔走するのですが…。

「真実はない、物語があるだけだ…。」劇中で語られるこの台詞は、世情の理不尽な出来事を誰かに訴えたとしても、正義感溢れる救世主が現れるわけでもなく、もしこちらに絶対的な正当性があったとしても大きな力にねじ伏せられてしまう可能性を示唆します。

ビルはドラッグやアルコールに溺れて家族を幸せにできなかったという後悔を胸に、殺人の罪で捕らえられてしまった娘の無実の罪を晴らそうと懸命に行動しますが、そう容易く真実に辿り着くことはできないのです。

構想10年 トム・マッカーシー監督が物語に込める思い

アカデミー賞作品賞を受賞した「スポットライト世紀のスクープ」の監督でもあるトム・マッカーシーが構想10年を経て世に放つ「スティルウォーター」は、父親の娘に対する愛と、身勝手な生活を送り家族に幸福を与えられなかったという贖罪が込められた物語。

監督はインタビューで、「(現実として)正義、平等、自由を掲げてきたアメリカが分断していくのを世界中が目撃した。」と話していますが、主人公のビルは、そんな日常に身を置きながら深く傷つきドロップアウトした上で、自分の人生でかけがいのない最も大事なものを守ろうと決意するのです。

映画の中で “マクトゥーブ” というアラビア語が出てきます。マクトゥーブを直訳すると “書かれている” という意味で、啓示だとか既に決められた物という解釈もあるそう。

自分の運命をマクトゥーブ(受け入れ)して、娘を助けようとするビルの姿に胸を打たれる、「スティルウォーター」を是非劇場で体験してみてください。

“例外”の子役出身 名声を得ても堅実にキャリア築く

そして、本作で主人公の娘を演じた、アビゲイル・ブレスリンは、アメリカ・ニューヨークで生まれ、3歳でトイザらスのテレビCMに出演。その後M・ナイト・シャマラン監督の「サイン」でメル・ギブソンの娘役として長編映画デビューを果たします。

幼い頃から演技力を評価されていたアビゲイルのキャリアを決定づけたのが、オリーブという女の子が美人コンテストに出場することになり、家族総出で会場に向かうというロードムービー「リトル・ミス・サンシャイン」に出演したこと。

オリーブ役を演じたアビゲイルの繊細で大胆な演技は高く評価を受け、第79回アカデミー賞では史上4番目の若さで助演女優賞にノミネートされました。

この連載でも何度か触れてきましたが、ハリウッドで成功した子役が大人になるにつれレールを踏み外すケースはとても多いのですが、アビゲイルは例外。プライベート本を出版したり、バンドマンと付き合ったりと世間にホットなニュースを提供することもありましたが、仕事に関してはとても堅実で、大作映画よりも映画ファンが唸る作品出演を好み、「幸せの1ページ」「私の中のあなた」「ゾンビランド」などの話題作に出演。そして映画だけでなくテレビドラマにも出演し舞台女優としても活躍しています。

誰しもが名声を得たら浮き足立つものですが、彼女は世間の評価に動じることなく、動物愛好家としてのメッセージをSNSなどで発信しながら、俳優としてのキャリアを着実に積んでいるのです。

『スティルウォーター』

(C)2021 Focus Features, LLC.

監督・脚本 トム・マッカーシー
脚本 マーカス・ヒンチー、トーマス・ビデガン、ノエ・ドゥブレ
出演 マット・デイモン、アビゲイル・ブレスリン、カミーユ・コッタン、リル・シャウバウ、イディル・アズーリ 他
公開 2022年1月14日(金)TOHOシネマズ シャンテ、渋谷シネクイント 他

この記事を書いたひと
コトブキツカサ(映画パーソナリティー)
1973年生まれ。小学生の頃からひとりで映画館に通うほどの映画好き。現在、年間500本の映画を鑑賞し、すでに累計10,000作品を突破。1995年より芸人時代を経て、2010年より「映画パーソナリティー」としての活動を開始。近年は、俳優としての顔ももち、ドラマや映画にも出演。活動の場を広げている。

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

RELATED

PAGE TOP