働く女性が等身大の情報をお届け!

Fortune

2022年は風の時代が深まる 新旧を受け入れる柔軟さが運気アップに

時代が大きく変化していく最初の年になった2021年以降、世の中の価値観は変わり始めています。そしてさらに大きな変革を迎える過渡期である2022年は変化を継続していく年になりそうです。

今年は“自分らしく生きる”が求められる

2020年の年末は、グレートコンジャンクションという価値観が「地」から「風」へ移り変わる天体配置でした。それは木星と土星という天体が水瓶座で重なったということで、それ以降は水瓶座が意味することがテーマになってきていると言って良いかもしれません。

水瓶座は、現状を時代の流れに合わせて変えていこうとする意識を持ち「みんな違って良い」の世界ですが、その分自分らしく生きることを求められます。これからは、周りの人がおすすめしているから同じことをするという訳にはいかなくなるのでしょう。

この後2023、2024年になると、今度は冥王星が水瓶座に移行していきます。冥王星は、0か100かというような極端な動き方をする可能性のある天体で、他の天体より長い時間をかけて星座を移動するため影響は大きく、冥王星が水瓶座にいる間に社会のシステムは今以上に変化する可能性が高いでしょう。

その過渡期にある2021年、2022年は、今までの価値観や社会的な常識と新しい考え方を、どう共存させていくかを調整する時期と言えます。さまざまな分野ですり合わせが求められます。個人的にも、自分らしい仕事やプライベートのプランと今までの常識や成功パターンの板挟みになって、色々と迷う人が出てくるかもしれません。世の中だけではなく個人の意識の中でも価値観の調整が必要になりそうです。

何かを始めたい人は5月〜10月を目安に

そんな中で始まる2022年は、「感受性の豊かさや癒し」など、目に見えないものが注目されそうです。音楽や美術、演劇などの分野も広がっていくかもしれません。

また、5月の連休明け頃から10月末あたりまでは、新しいものに勇敢にチャレンジしていけるときです。何かを始めたい人はこの時期を目安に進めてみてください。

その他に「情報」というのも意識しておく必要がありそうです。様々な情報が飛び交う中で、それを取捨選択する必要が出てくるでしょう。自分にとって有益なものを集められるかどうかが鍵になるのかも。

運気を上げる鍵は「新旧を受け入れる柔軟さ」

また、経済活動というのもテーマになります。個人だと収入についてということでしょう。社会全体でなんとか経済を活性化させなければいけないと、思い切った対策が出てくるかも。ただし、今までのやり方とは違うとか意外な業界が注目される可能性もありそうです。

恋愛についても「普通はこうあるべき」という枠にとらわれないスタイルが受け入れられるようになってくるので、それぞれが望む恋愛模様が楽しめると考えてみてください。

仕事は、専門的なスキルアップを目指したり副業を考えて、何かを学ぼうとする人が増えてくるかもしれません。本気で自分の生き方を考えて動き始めようとする人が多くなるのでしょう。

新旧が混沌としているため、不安定になったり悲観的な考え方も出てきそうですが、古いものの良さと新しい時代の流れを上手に受け止めることが運気を良くしてくれるはず。誰もが可能性を秘めています。それを見つけて磨くことが出来れば、新しい世界を見つけることが出来るでしょう。

総合監修 石川楓花先生
占術研究家。占い学校「アルカノン・セミナーズ」や「魔女Maison」での講師、その他雑誌やWebコンテンツの執筆活動など多方面で活躍中。著書に「あなたの願いを叶えてくれるルーン占い入門」(説話社)がある。公式モバイル占いサイト「ノルディスク秘神占」、ブログ「ルーン占いと星を読む日々」

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

RELATED

PAGE TOP