紫外線対策になる食べ物って?リコピン・ビタミンを摂って内側から肌をケア

夏の足音が聞こえてきた、今日この頃。今年の夏も、猛暑になるようです。紫外線対策に日焼け止めは必須ですが、体の内側からのケアも大切。

紫外線を浴びると、体内で活性酸素が発生し、コラーゲンやエラスチンなどにダメージを与え、お肌のシワやたるみなどの原因に。

活性酸素と戦い、体の酸化を抑えてくれる、抗酸化作用のある食材を積極的に取り入れましょう。

紫外線対策に摂りたい成分は「リコピン」と3種のビタミン

トマトに多く含まれる「リコピン」や、3種類のビタミン「ビタミンA・C・E」。これらは、非常に抗酸化作用が高いと言われています。

「ビタミンA」は、にんじん・かぼちゃ・ほうれん草、うなぎ・卵黄などに多く含まれていて、皮膚や粘膜を保護する働きがあり、肌に潤いやハリを与えてくれます。脂溶性ビタミンなので、油で炒めたり、サラダならオイルドレッシングで食べるなど、油と一緒に取ることで吸収率がアップします。

「ビタミンC」は、レモン・ブロッコリー・いちごなど、新鮮な野菜や果物に多く含まれます。メラニン色素の生成を抑え、シミ、そばかすを防ぐ美白効果とともに、コラーゲンの生成を助け、肌の弾力を保ちます。熱に弱いので、加熱せず生で食べられる果物などから摂取するのがおすすめです。

「ビタミンE」は、レバー・アボカド・たまご・植物油・アーモンドなどに多く含まれます。血行を良くし、代謝を高め、ターンオーバーを促進。メラニンの排出をスムーズにし、シミやそばかすを防ぎます。こちらも脂溶性のビタミンなので、油を使って調理すれば、体への吸収率が高まります。

ビタミンCとEは、互いに補完しながら活性酸素と戦う働きがあるため、一緒に摂ることを心掛けて。

CBDも紫外線対策に!天然由来のサプリメントとして◎

そして、麻から抽出される成分「CBD」は、ビタミンCやEよりも、強い抗酸化物質であることがわかっています。

手軽な天然由来のサプリメントとして、日常に取り入れてみてはいかがでしょう。

美しく健康な肌のために。体の内側からも外側からも。万全な紫外線対策で夏本番に備えてくださいね♪

この記事を書いたのは

Mayumi Sekino
合同会社SIACO 代表。二児の母。大学では精神看護学研究室に在籍。看護師、保健師、子育て心理カウンセラー資格所有。看護師、ライター、モデルの活動を経て、人々の心身のサポートを考え、CBDに着目。2021年、オリジナルCBDブランドSIACO/シアコを立ち上げる。

SIACO(シアコ)プレミアムCBDオイル
CBD 500mg(ナチュラルフレーバー)10ml 7,500円
CBD 1,000mg(カモミールフレーバー)10ml 13,600円

日本国内製造。アメリカでU.S. Hemp Authorityの認証を取得した麻原料を使用。遺伝子組み換え不使用。農薬不使用。THCゼロ。天然成分100%。

【お問い合わせ】
(同)SIACO
mail: info@siaco.net
https://www.siaco.jp

この記事を書いたのは
Poco'ce

毎月25日発行。ちょっと幸せをテーマに、グルメ・美容・健康・カルチャーなど、女性にうれしい情報満載の無料情報誌。TOKYO LIFE STYLE Free Magazine Poco'ce(ポコチェ)

http://www.pococe.com/