資産運用を始めよう 国際投資経済アナリストが世界の見方も伝授してくれる

年齢を重ねるほど、同世代の友人の間でも貯蓄額に差が出てくるもの。また、そもそも貯金も資産運用も苦手で、将来への不安や焦りがあるものの、どうしていいかわからない人も多いのでは?

そんな人にぜひ受けてほしい、国際投資経済アナリストの奥田健文さん直伝のマネーセミナーです。

PROFILE

KENBURN LLC CEO
奥田健文

会社員時代に訪れた東南アジアに可能性を感じて、2013年、アジアン雑貨の輸出入をおこなうべく独立企業。日本のほか、タイやカンボジア、フィリピンにも法人を持つ。現在は、国内外7社の法人で、貿易事業から海外進出コンサルティング業、店舗経営にいたるまでの30以上の事業を展開している。また、投資家としてのさまざまな経験を武器に、投資家コミュニティーの運営をおこなうほか、東南アジア各国での経験から得た情報をもとに、国際投資経済アナリストとして全国で講演やセミナーをおこなう。

気付いてる人は行動してる!

「老後は2千万円の資産が必要」と聞いたことがある人は多いはず。しかし、これまで働いてきた年数と現在の貯金額をもとに計算してみると、残りの年数で2千万円に届かない分を貯めることがどれだけ大変かわかるはず。

そのことに早い段階で気づいている人の中には、既に資産運用に取り組み始めている人もいることでしょう。しかし、取り組んではいるものの、思うように貯蓄が増えないために不安を覚えている人もいるのでは?

そんな人にもぜひ知ってほしいのが、日本人のマネーリテラシー向上に尽力し続けている奥田健文さんによる「日本人の知らないマネーセミナー」です。

世界情勢を一人で追うのは難しいから

真に有益な資産運用をおこなおうと思ったら、日本国内にだけに目を向けているのでは不十分。とはいえ、刻々と変わる世界情勢を自分一人で追い続けることは至難の業です。特に現在は、コロナウイルスの席巻により、世の中のお金の価値や人の価値が激変中。

閉店を余儀なくされる飲食店や失業者が増え続ける一方、株価は最高高値を記録して、仮想通貨は5倍以上に膨れ上がっています。要は、経済格差がますます大きくなっているということ。なぜ格差が大きくなるかというと、お金や経済のことを知っている人と知らない人に分かれるから。

つまり、きちんとした知識を得ることが、着実な資産構築につながるのです。そのために最適なのがこのセミナー。

お金と経済の仕組みや資産構築の方法を教えてくれるだけでなく、グローバル社会を生き抜くための法則や、簡単な海外進出法まで伝授してくれます。

最適な条件がそろった今こそ!資産運用を始めるチャンス

しかも、セミナーを受けるなら今がベストなタイミング。その理由は、3つ。

まず1つめの理由は、現在、7年~10年に一度起こる「マーケットクラッシュ」から。これは、ビジネスにも投資にも最適とされる仕込みタイミングです。

そして2つめは、コロナの影響で企業や個人に対しての融資や補助金が過去最大となっている今なら、自己資金が必要最低限で済むから。

そして3つめは、今年の9月1日に「デジタル庁」が新設されると、監視社会に突入するため、将来の資産の礎を築くなら8月31日までがもっとも有効だから。

また、2021年は干支でも九星でも五行でも「金」という、「金」が3つそろった最強の「金」の年といわれています。そのため、本気で貯めようとする人には、結果は必ずついてくるはず。

世界情勢的にも易学的にも資産構築に最適な条件がそろった今こそ、本腰を入れて資産運用を始める絶好のチャンス。しかも、「日本人の知らないマネーセミナー」は、4時間みっちりお金について教えてもらえる超貴重なチャンスなので、どうぞお見逃しなく!

こんな悩みに応えてくれる

経営者はもちろん、20代、30代のOLをはじめ、主婦や学生まで幅広い層が参加しているセミナーです。

お金と経済の仕組みが学べる

今回のセミナーは、「お金と経済の仕組みを知ってもらう」というテーマで開催。知っているのと知らずに過ごすのとでは天と地の差が…。

日本人の知らないマネーセミナー

【東京】7月3日(土)13:00〜17:00(東京駅付近)
【大阪】7月9日(金)13:00〜17:00(新大阪付近)

参加費:5,500 円(6月30日までにお申し込みに限り先行早割価格)

会場:セミナー申し込み者のみに後日告知

【お問い合わせ】
KENBURN(同)
https://kenburn.asia
https://kenburn.asia/moneysemi/

この記事を書いたのは
Poco'ce

毎月25日発行。ちょっと幸せをテーマに、グルメ・美容・健康・カルチャーなど、女性にうれしい情報満載の無料情報誌。TOKYO LIFE STYLE Free Magazine Poco'ce(ポコチェ)

http://www.pococe.com/