頭痛・不眠・ダルい…梅雨や低気圧で不調の人は自律神経を整えよう

ジメジメして、空も気分も晴れない梅雨。メンタルクリニックに勤めている友人曰く、梅雨は「気分が落ち込む」などの相談が増えるそう。

この時期、だるい、頭痛、めまい、眠気、不安、下痢、むくみ…など、さまざまな不調に悩む人は少なくありません。

私自身も、かつてはその一人でした。不調の理由は、梅雨の気圧の影響で、自律神経のバランスが乱れてしまうから。

自律神経は、体の状態を「活発モード」にする交感神経と「お休みモード」にする副交感神経からなりますが、低気圧が続く梅雨は、日中でも副交感神経が優位になりがち。

すると、だるさや低血圧、循環不良による手足の冷えや下痢などの症状が出やすくなってしまいます。では、自律神経のバランスを整えるにはどうしたら良いのでしょう?

まずは生活リズムを整えよう

まず、体内時計と生活リズムを整えること。朝起きたらすぐにカーテンを開けて太陽の光を浴び、お部屋の電気をオン。

光を浴びると、25時間周期で働く体内時計がリセットされて、自律神経は活発モードに。その約15時間後に、眠気を促すホルモン「メラトニン」が分泌されるので、早寝早起きのリズムを整えるためにも、朝の光は効果的です。

また散歩やストレッチなど、軽い運動もおすすめ。食事はバランス良く、冷たい飲み物などで内臓を冷やさないようにしましょう。

夜は、音楽を聴いたり、39~40度のぬるめのお風呂に入るなど、リラックスした時間を過ごし、眠る直前のスマホはNG。質の良い睡眠で、しっかりと心身を休息させることが大切です。

CBDを取り入れるのも効果的 様々な不調の改善に

これらの習慣に加え、取り入れて欲しいのがCBD。自律神経のバランス調整、不安、イライラやさまざまな痛みの軽減、睡眠の質の改善などが期待できます。

また、CBDには二相性作用があり、高容量のCBDは鎮静作用で睡眠の悩みに、低用量のCBDは軽い覚醒作用により昼間の集中力のお悩みをサポートしてくれます。生活リズムを整え、昼夜のメリハリをつけたい方にもおすすめです。

自律神経のバランスを整えるという視点から習慣を見直すことは、長期的な健康維持にも必ず役立つもの。継続的に実践してみては。

この記事を書いたのは

Mayumi Sekino
合同会社SIACO 代表。二児の母。大学では精神看護学研究室に在籍。看護師、保健師、子育て心理カウンセラー資格所有。看護師、ライター、モデルの活動を経て、人々の心身のサポートを考え、CBDに着目。2021年、オリジナルCBDブランドSIACO/シアコを立ち上げる。

SIACO(シアコ)プレミアムCBD オイル
プレミアムCBDオイル CBD500mg(ナチュラルフレーバー)10ml 7,500円
CBD1000mg(カモミールフレーバー)10ml 13,600円

飲むCBDオイル|日本国内製造|アメリカでU.S. Hemp Authorityの認証を取得した麻原料を使用。遺伝子組み換え不使用|農薬不使用|THCゼロ|天然成分100%

【お問い合わせ】
(同)SIACO
mail info@siaco.net
HP https://www.siaco.jp

この記事を書いたのは
Poco'ce

毎月25日発行。ちょっと幸せをテーマに、グルメ・美容・健康・カルチャーなど、女性にうれしい情報満載の無料情報誌。TOKYO LIFE STYLE Free Magazine Poco'ce(ポコチェ)

http://www.pococe.com/