「雨の日髪の毛広がる…」湿気に負けないヘアケア方法伝授します

雨の日は湿気で髪がまとまりにくく、ヘアスタイルが決まらないことが多いですよね。

梅雨の時期にぴったりなヘアケアで、「雨の日や梅雨の時期に髪の毛が広がる」「爆発したようにボサボサになってしまう」という悩みを解決しましょう!

美髪を目指すために、髪が広がる原因から美容師おすすめのケア方法やおすすめアイテムまでご紹介します。

雨の日に髪の毛バクハツしやすいのはこんな人!その原因は?

雨の日に髪がまとまらないのは、髪質だけの問題ではなく、間違ったヘアケアが原因であることも。髪がまとまらない原因についてまとめました。

くせ毛・猫っ毛・パサつきやすいなど髪質が原因

髪質によって、湿気の影響を受けやすいタイプがあります。

中でもくせ毛や猫っ毛の人は、湿気の影響で髪が広がる・うねるなど、ボサボサしてまとまりにくくなるのが特徴です。

猫っ毛の人は、せっかくボリュームのあるスタイリングにしても湿気で重たくなりぺしゃんこになってしまうことも。パサつきがある髪の人は髪が傷んでいるせいで、湿気の影響を受けやすくなります。

カラーリングやアイロンなどでキューティクルが傷んでいる

傷んだ髪は広がりやすくなります。これはキューティクルが傷んでいるため。傷んだ髪は外へ栄養分が流れてスカスカに。

空洞になった髪へ水分が入り込むことが、うねりや広がりの原因となります。頻繁にカラーリングしている、ヘアアイロンの温度が高いといった人は要注意です。

間違ったヘアケアをしている

間違ったヘアケアをしていると髪が傷んでしまいます。熱を加えるのが良くないと思って自然乾燥させている、なんてことはありませんか。

実は、髪はぬれているとキューティクルが開きやすく、ダメージが大きくなります。お風呂上がりには髪を乾かしましょう。

髪を洗うときやタオルドライのときに、ゴシゴシと擦るのも、キューティクルが剥がやすくなるのでよくありません。

梅雨に実践したいヘアケアの方法とおすすめアイテム

毎日トリートメントをする

トリートメントで髪質を整えて、湿気の影響を受けにくくするケア方法です。梅雨時期だけでなく、髪が広がりやすい・うねりやすいと感じたら普段からケアするようにしましょう。

シャンプーするとトリートメント成分は洗い流されてしまうので、お風呂の度にケアすることが大切。月に一度は美容室でトリートメントしてもらうのもおすすめです。

トリートメントには、洗い流すインバストリートメントと、洗い流さないアウトバストリートメントがあります。毎日のケアがしやすい方を選ぶといいですよ。

ヘアオイルはドライヤー前に付けて

ヘアオイルには、摩擦や熱などのダメージから髪を守る効果があります。そのため、ドライヤーの前に付けるようにしましょう。湿度が高い日は、お出かけ前にも使うと

毛先を中心になじませたあとで、全体へはブラシを使って広げていきます。オイルで髪がコーティングされることで、湿気の水分から守ってくれますよ。

梅雨時期におすすめのヘアオイル

ロレッタ ベースケアオイル 2,860円

画像引用:公式Loretta

バラの女王とも呼ばれる、美容効果の高いダマスクローズオイルを配合したヘアオイルです。サラッとしたテクスチャーで使いやすく、付けた瞬間ふんわりとローズの香りが広がります。べたつかず軽い仕上がりで、さらさらの仕上がりです。

 

ミルボン エルジューダ リンバーセラム 3,080円

画像引用:公式ミルボン

柔らかい髪質の人におすすめなヘアオイルです。ぺしゃんこになってしまいやすい髪にコシをプラスし、しなやかで軽い髪に。また、天然鉱物由来の微粒子が髪の表面になめらかな凹凸を出し、髪同士が密着することを防いでくれます。

ドライヤーの風は上から下に

髪を乾かすときは、髪の根元へドライヤーの温風が入るように乾かします。指の腹を髪の根元・頭皮に当てて小刻みに動かすと乾かしやすいです。

くせ毛の場合は、根元を引っ張りながら乾かすときれいに仕上がります。また、髪が乾いたあと冷風モードで髪を冷やすと、温まった髪が空気中の水分を吸収するのを防いでくれます。

おすすめのドライヤー

モッズヘア「ION RAPIDE+(イオンラピッドプラス)」MHD-1253 10,890円

画像引用:mod’s hair

自動温冷切り替えモードがついた、こだわり仕様のドライヤーです。温風と冷風を自動で切り替えてくれるので、くせ毛や髪の広がり・パサつきを抑えてくれます。コームノズル付きなので、スタイリングからブローまでこれ一本でOKなのもうれしいポイント。

 

ホリスティックキュアドライヤー 22,000円

画像引用:HOLISTIC cures

素早く乾かせるので、熱ダメージを受けにくいドライヤーです。パワフルながら、450gと軽量。内部に天然ミネラルをたっぷり含んだ鉱石を加工して入れてあるのが特徴です。

ひどい髪の広がりには縮毛矯正がベスト

梅雨時期や雨の日の湿気に負けない美髪ケアはわかっていても、毎朝丁寧なヘアセットをする時間がない…!という忙しい女子には縮毛矯正がおすすめ。

梅雨前の5月下旬~6月頭くらいに髪のくせやうねりを矯正しておくことで、湿気の影響を受けにくくなります。

縮毛矯正だと髪がぺしゃんこになりすぎる場合は、ニュアンスを残せるストレートパーマにするのも手です。サロンで美容師さんと相談して決めていきましょう。

例えば、前髪だけ縮毛矯正をして、バックはストレートパーマにするなど、髪質やスタイリングに合わせて施術を提案してくれます。

縮毛矯正をしておけば、梅雨時期のスタイリングがぐっと楽になること間違いなしですよ。

梅雨でも髪きれいと思われる!毎日のケアで湿気に負けない髪に♡

梅雨や雨の日に負けない美髪は、毎日のヘアケアが大切です。

日頃のシャンプーやトリートメントの仕方、ヘアオイルの使い方、髪の乾かし方などを見直すだけでも、湿気に左右されにくい髪を目指せます。

美髪は一日にしてならず。日頃のケアの積み重ねで、雨や湿気に負けない髪に育てていきましょう。

この記事を書いたのは
BE-SQUARE編集部

美容・ファッション・ライフハック・ワークハックなど、働くオトナ女子が「明日が今日より楽しくなる」情報をお届けします♡