銭湯でのんびり 星野リゾートが提案する浴衣の下町旅【OMO5東京大塚】

星野リゾートが “with コロナ期”の旅として提案している「マイクロツーリズム」は、「遠方や海外に行けない今こそ、自宅から車で1~2時間程度の近隣に目を向ける旅を楽しもう」というもの。

この機会にあなたも、地元の魅力を再発見することを楽しんでみませんか?

浴衣で体験 下町の新しい魅力

大塚の街を楽しみ尽くせる都市観光ホテル『星野リゾート OMO5東京大塚』が提供する「下町大塚のんびり銭湯プラン」は、地元銭湯の入浴券付きという楽しいプラン。

オリジナルデザインの手ぬぐいや、湯上りの食事処としておすすめのスポットが紹介された「湯上りマップ」など、サポートグッズも充実しています。浴衣一式も貸してくれるので、草履を履いて、湯かご片手に下町散策を堪能できるのがうれしいところ。

入場券をもらえる銭湯「大塚記念湯」は、男女ともに6種類以上のお風呂があるため、何時間も楽しみたくなること間違いなしです。

湯上りマップに掲載されている飲食店は、会席料理屋から居酒屋までさまざま。食べ歩きにぴったりなお店まで網羅されています。浴衣で出かけて食事を満喫したら、宿に戻ってそのまま床につけるのも魅力。非日常気分をとことん満喫できますよ。

「昔ながら」を新たな視点で楽しむ

大正時代創業の「大塚記念湯」は、地元の人々から愛されている銭湯。

カラフルな下駄箱、天井いっぱいに宇宙の絵が描かれている脱衣所など、見た目にも楽しく日ごろの疲れが癒されます。コーヒー牛乳またはミニビールもセットになっているので、湯上りに片手に腰をあてて一気飲みを楽しむのもいいかも!?

ゆっくりと湯あみを楽しんだ後は、おいしいものを目指して街歩き! 昭和レトロな雰囲気が残る下町なので、散策の時間そのものも満喫できます。


withコロナ期の旅「マイクロツーリズム」

リモートワークや飲食店の時短営業が続き、自宅にこもる生活で疲労が溜まりがちな今、ストレスから解放された時間を持つのはとても大切。そこでおすすめなのが、星野リゾートが“ウィズコロナ”の旅として提案している「マイクロツーリズム」です。

県をまたいでの移動が歓迎されない今こそ、地元の食べ物や豊かな自然、伝統文化などにあらためて目を向けるいい機会。

「え? 地元で旅行?」と思う人もいるかもしれませんが、たとえば首都圏在住でも、都内には天然温泉付きの宿もあれば、浴衣を着て下町散策を満喫できるプランを用意している宿もあるんです。

もちろん、食事やアクティビティも含め、普段なかなかできないことを体験するのが旅の醍醐味。新鮮な体験を通してお客さんにリフレッシュしてもらえるよう、ご当地の伝統文化に触れられるサービス「ご当地楽」や「ご当地部屋」の提供など、宿ごとにさまざまな取り組みをおこなっています。

いうまでもなく、感染拡大防止対策も万全。3密を回避しながら満喫できる工夫がなされているので、感染予防のために気を張っている毎日から解放されて、リラックスした時間に酔いしれられます。日常から離れた贅沢な時間を持つことできっと、明日からの英気も養われるはず。

温泉やおいしい食べ物、豊かな自然、お祭りなど、日本全国には魅力的なものがいっぱい。その土地ならではの文化や歴史、食を知ることで、自分たちが暮らす地域のことをもっと好きになるはず。

星のや東京が首都圏在住の方向けに用意している「都内で心も身体もリフレッシュする温泉旅館滞在」をはじめ、さまざまな魅力的なマイクロツーリズムを提案している星野リゾート。近隣の旅を楽しむことは、「地元にこんな魅力的な場所があったんだ!」と地域の魅力を再発見するきっかけにもなりそうですね。

星野リゾート OMO5東京大塚「下町大塚のんびり銭湯プラン」

1泊 8,391円~(3名1室利用時1名あたり)
「大塚記念湯」入場券、オリジナル手ぬぐい、湯上り処マップ、湯かご貸出、浴衣貸出(浴衣・帯・草履のセット、455円/着、税別)、タオル貸出、コーヒー牛乳またはミニビールが含まれます。

※税・サービス料別・食事別

【お問い合わせ】
星野リゾート
https://www.hoshinoresorts.com

この記事を書いたのは
Poco'ce

毎月25日発行。ちょっと幸せをテーマに、グルメ・美容・健康・カルチャーなど、女性にうれしい情報満載の無料情報誌。TOKYO LIFE STYLE Free Magazine Poco'ce(ポコチェ)

http://www.pococe.com/