腸活で再注目!美しい人は既にやっている発酵食“奈良漬”はいかが?

Model Ruka Kiritani

年齢を重ねながらも輝きを放つ、魅力的な女性たちのライフスタイルに登場する「発酵食品」。余計なものを溜め込まない健康的なボディに、透明感あふれる素肌。古くから親しまれている日本の発酵食「奈良漬」が、そんな理想を叶えてくれる。

美と健康に敏感な女性たちが支持

日本各地で古くから受け継がれ、様々に発展してきた「発酵食」。中でも、最も古くから日本人の食卓に登場しているのが、奈良漬をはじめとする「漬物」。いつも食べ慣れている野菜を発酵させることで、高貴な香りと自然な甘みをまとった栄養価の高い食品へと変化します。

その漬物が、今再び注目されているのは、美と健康に余念のない女性たちからの支持によるもの。海外からの注目度も高く、日本人のスリムで健康的なカラダは、この「発酵文化」のおかげ!?とも言われ、フレンチやイタリアンにも日本の発酵食品を取り入れられるほどなのです。

奈良漬は、塩漬けした野菜を、酒粕で何度も漬けかえてできる漬物で、お酒の風味と香り、そして独特のべっこう色が特徴的。この“べっこう色”は、抗酸化作用のある「メラノイジン」という物質によるもの。カラダの酸化は、お肌のトラブルや血管の老化をはじめ、生活習慣病など様々なトラブルの原因とも言われ、脂質の酸化を防いで腸内環境を整えてくれる物質「メラノイジン」を含む奈良漬は、カラダの酸化予防をサポートしてくれる、女性にうれしい発酵食品です。

添加物を一切使わない一級品

明治2年に奈良・東大寺境内に創業した「森奈良漬店」の奈良漬は、昔ながらの製法を受け継ぎ、砂糖や添加物を一切使わず、吟味した酒粕や天然塩で野菜や果実を丁寧に漬け込み、酒精の効いた奈良漬に仕上げた一級品。厳選した国産素材へのこだわりと、栽培から収穫、塩漬、漬替までを一貫して手掛けることで、素材の持ち味を十二分に引き出しているとのこと。

旬の素材を使った奈良漬は、酒粕から取り出して水洗いした後、食べやすい大きさに切ってから2~3日冷蔵庫に入れておくとアルコールが飛び、糀からの自然な甘みが出て食べごろに。また、現代の食卓に合わせて、奈良漬や酒粕を使ったアレンジ料理も紹介されているので、手軽に料理を楽しみながら、おいしい“発酵食習慣”を始めてみるのもイイですね。

奈良漬けのカンタン腸活レシピはこちら!

きざみ奈良漬(135g)380円 (230g)540円
壷入り(230g)1,100円
瓜小袋詰(110g)650円 瓜袋詰 1本入り 1,080円
大和三尺きゅうり 良漬袋詰 2本 1,080円
西瓜袋詰 2個 1,080円
セロリ袋入(75g)650円
きざみセット ご自宅用(290g+135g)2,500円(送料込)ご贈答用(木箱入り) 2,800円(送料込)

 

【お問い合わせ】
(株)森奈良漬店
TEL 0742-26-2063(9:00〜17:00)
https://www.naraduke.co.jp

【店舗】 奈良県奈良市春日野町23 年中無休(9:00〜18:00)

この記事を書いたのは
Poco'ce

毎月25日発行。ちょっと幸せをテーマに、グルメ・美容・健康・カルチャーなど、女性にうれしい情報満載の無料情報誌。TOKYO LIFE STYLE Free Magazine Poco'ce(ポコチェ)

http://www.pococe.com/